Ripple(リップル)社のxRapidが仮想通貨取引所3社に採用

Ripple(リップル)社のxRapidが仮想通貨取引所3社に採用

Ripple(リップル)社が8月16日、ブロックチェーン技術を使った交際送金の円滑化に取り組むサービスxRapidが、新たに3社の仮想通貨取引所に採用されたことが公式発表から明らかになりました。

仮想通貨取引所3社

  • Bittrex社(アメリカ)
  • Bitso社(メキシコ)
  • Coins.ph社(フィリピン)

xRapidによって各国の法定通貨と仮想通貨リップル(XRP)の相互変換が可能で送金先通貨建ての講座(ノストロ口座)を必要としない国際送金を可能として送金者のコストを削減出来るとされています。

公式発表の実用例

公式発表では、xRapid上でのUSドルからメキシコペソ間のやり取りが解説されています。

  1. 金融機関がxRapidでメキシコに送金。USドルで支払いを行うと即座にXRPに変換される。
  2. XRPにおける支払い内容がXRPの分散型台帳XRP Ledgerに記入される。
  3. メキシコBitsoがXRPをメキシコペソに変換し、送金先の口座へ入金する。

金融機関がこのサービスを使用することで40%~70%のコスト削減が出来るといわれており、この提携によってリップル(XRP)のエコシステムが更に効率的になっていくとみられているようです。
実際に、xRapidを使用して米国とメキシコ間の送金試験を5月に行った際、従来なら2~3日かかっていた決済がコスト削減しながら2分以内で完了したというので驚きです。

今回の提携によって各国の法定通貨と仮想通貨リップル(XRP)の変換が便利になったのは一目瞭然です。更にサービスを広げていくことでますます身近な存在になっていきそうですね!

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です