最も働きやすい都道府県はどこ?仕事のストレス度ランキング

最も働きやすい都道府県はどこ?仕事のストレス度ランキング

キャリコネが仕事のストレス度評価を公開

企業のクチコミ情報を配信しているWEBサイト「キャリコネ」がユーザーの「仕事のストレス度評価」の平均をランキング化したものを公開しました。仕事のストレス度評価は5点満点、2016年4月~2018年3月の約2年間分のデータが使われています。

これによるとストレスを感じることなく仕事をしている人が最も多い都道府県は沖縄県(仕事のストレス度評価:2.83)であることが分かりました。
沖縄で働く40代前半のDTPオペレーターは「未経験でも入社が可能な点が一番の特徴だと思います。OJT研修がしっかりしており、先輩スタッフが丁寧に教えてくれます。一からデザインを学んでいきたい人には、とてもいい環境だと思います」と述べています。

仕事のストレス度評価2.79点で2位となったのは高知県です。
キャリコミに寄せられた口コミからは出産、育児休暇に対する評価が高いことが伺えます。20代経理の女性は高知県民の特性かもしれないとしながら、高知県を基本的に働く女性に優しい環境だと評価しているようです。

3位は徳島県で仕事のストレス度評価は2.68点でした。
発行ダイオードで世界的に有名な「日亜化学工業」に勤める30代後半の男性は「本社所在地が徳島県なので、基本給自体は低いほうなのだと思う。ただ、業績はとても良いので、例年ボーナスはかなり良い。結果的には、同業種、同職種、同年代と比較すれば、良いほうだと思われる」と述べています。

沖縄、高知、徳島に次ぎ4位となったのが東京都です。
代理店営業として働く20代前半男性がグーグルに寄せた口コミには「社内に無料のカフェテリアがあり、かつ軽食専用の部屋があるなど、業務をする上でストレスを軽減する施策が数多く存在する。また、月に2名までオフィスに招待することができるため、しばしば繰り返し活用している。総じて、環境に対する配慮が常に配られているため非常に働きやすいといえると思う」とありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です