仮想通貨界隈でよく耳にする用語から専門用語まで詳しく解説!

terminology_coin

1.まずはとくによく聞く仮想通貨用語の解説です!

ここでは初心者の方がまず知るべき仮想貨幣の用語を解説させていただきますが、用語とその用語の意味を箇条書きにするだけでは面白くないので短い解説も踏まえて説明させていただきます。
まずはそもそもの「仮想通貨」という用語、これは現実世界に無い通貨全てを指す言葉です。

仮想通貨は電子マネーという用語と同じ意味だと考えている人もいますがそれは間違いで、電子マネーはシステムを表す言葉なのに対して仮想通貨とは通貨を指す言葉になります。
仮想貨幣は電子マネーであるということができるかもしれませんが決してイコールで結ばれているわけではないということです。

次は「bitcoin(ビットコイン)」という用語です。とある仮想通貨を指す言葉になります。ありとあらゆる仮想通貨の基軸通貨として使われており、今最も大きな価値を持つ仮想通貨です。
値の乱高下が円やドル等の現実通貨と比べて非常に激しいため為替のために作られた通貨だと噂されることもありますが決してそんなことはなく現実世界にあるお店でも十分に使用することができます。

続けて同じく仮想通貨の一つである「リップル(Ripple)」という用語について解説します。リップル(Ripple)はbitcoin(ビットコイン)と同じく仮想貨幣の一つなのですがbitcoin(ビットコイン)ほど大きな価値を持ってはいません。
それでも仮想貨幣の中では特に期待されている部類に分類され時価総額ランキングでは100種以上とも1000種以上とも呼ばれる仮想通貨の中でも常に上位に位置しています。

リップル(Ripple)はアルトコインと呼ばれる仮想通貨なのですが、このアルトコインという用語に関しては後ほど説明させていただきます。
bitcoin(ビットコイン)を始めとした仮想通貨を買う際には必ず必要になる「ウォレット」という用語についても解説しておきましょう。

ウォレットとは現実通貨におけるお財布のようなもので仮想通貨を保管しておくための場所です。

お財布といってもその形は様々でパソコン上にダウンロードするソフトウェア形式のソフトウェアウォレットのような実体を持たないウォレットがあれば紙に記号とQRコードが印刷されたペーパーウォレットのような実体を持つウォレットもあります。それぞれが異なる特徴を持っており私たちはそこから用途に合わせて適切なウォレットを選択できるのが好ましいといえるでしょう。

2.仮想通貨でfxを始めるなら絶対に知っておきたい用語の解説です!

仮想通貨で稼ぐ方法はたくさんありますが最もポピュラーな投資の形はfxでしょう。ここでは仮想通貨でfxを始めるにあたって絶対に覚えておきたい用語に焦点を当てて解説させていただきます。
次に紹介する用語を解説していく上でも最初に覚えてもらいたい用語が「ポジション」です。ポジションとは自分が今その為替状況でどのような状態にあるかを指す用語です。

仮想通貨であるbitcoin(ビットコイン)を購入し売れる状況にある時は買いポジションを持ったといった言い方をします。
仮想通貨を買ったり売ったりした時等何かアクションを起こした時、あなたはそのアクションに応じたポジションを保持したことになります。

仮想通貨でfxを始めるにあたって次に覚えておきたい用語が「ショート」と「ロング」です。
先程紹介したポジションと同じく厳密に言えば仮想通貨ではなくfx取引に関する用語なのですがこれを知らないことには始まらないので解説させていただきます。

まずショートですが、これは持っている仮想通貨を売ることを指し、同時に高い時に売って安い時に買い戻す行為を指す言葉です。v
次にロングですがこれはショートの逆で仮想通貨を買うことを指し、同時に仮想通貨が安い時に買って高い時に売る行為を指す言葉になります。

ロングすることを買いポジションを持つというふうに言い換えることもありますね。
ショートとロングという用語の由来は仮想通貨を保持、つまりホールドを行う時間からきています。

最後は仮想通貨fx独自の用語「ガラ」の解説です。仮想通貨の相場チャートを見ても分かる通り仮想通貨は円やドルと比べて非常に価格の値動きが激しい通貨です。
日常的に価格が暴落し、また日常的に価格が暴騰しています。ガラはそんな日常的に起こる仮想通貨の価格の暴落を指す言葉です。

このガラという用語は仮想通貨、とりわけbitcoin(ビットコイン)の価値が急落する様子がまるでナイアガラの滝のようであることからきています。
ガラで資産を大きく失ってしまわないよう、うまくショートしてピンチを切り抜けていきましょう。

3.少しだけ難しい?仮想通貨における専門用語の解説です!

ここでは特に知らなくても仮想通貨で儲けることはできますが、知っておけばより有利に状況を進めることができる。
そんな専門用語について簡単に解説させていただきます。まずは「ブロックチェーン」という仮想通貨の仕組みの根幹に関わるテクノロジーについてお話します。

ブロックチェーンとはbitcoin(ビットコイン)がここまで価値を持つきっかけとなったとある技術を指す用語です。
私達はbitcoin(ビットコイン)を他人に送金する際、現実通貨と違って大きな手数料を支払う必要がありませんがそれはブロックチェーンという技術のおかげです。

仮想通貨には管理するための組織が一切介入しておらずそのおかげでbitcoin(ビットコイン)を送金する際の手数料が無料になるなど非常に自由で且つ利用のし易い通貨となっています。
通常管理組織の存在しない通貨などあり得ないのですがブロックチェーンシステムがその存在し得ない通貨を可能としたのです。

ブロックチェーンシステムについて深く解説しだすとキリがないのでこの辺で切り上げておきます。
さらに詳しく知りたい人は是非ともインターネットで検索をするかbitcoin(ビットコイン)の用語集を入手するなどして自分で調べてみてください。

次はブロックチェーンに関連する用語、「マイニング」について解説しましょう。マイニングとは仮想通貨の発行に紐付けられているアクションを指した単語で、採掘と言い換えられることもあります。
マイニングを行うと仮想通貨を手に入れることができるのですが、初期投資が少なくてもそれなりに稼ぐことができる。また最悪失う額は初期投資費用だけということで多くの人が日夜マイニングに励んでいます。

仮想通貨への投資の方法としても一般的で通常仮想貨幣への投資と言えば仮想通貨fxかマイニングを指すことが多いです。
マイニングは暗号通貨に関する知識さえあればどんな投資よりも堅実であるとされており、bitcoin(ビットコイン)を入手するための方法としてよくおすすめされる方法です。

次に紹介する専門用語は「二段階認証」です。これはbitflyerなどの取引所にあるウォレットを使用する際には絶対に設定しなければいけないセキュリティを指す言葉で、これをしているかしていなかで安全性が大きく異なってきます。どのようなセキュリティなのかを詳しく説明することはしませんが、簡単に言うとメールや認証アプリなどを通して一時的に使えるワンタイムパスワードを発行することでセキュリティを二重にかけるといったものになります。

もしも取引所を利用するようなことがあるのであれば、何よりも先に二段階認証の設定を済ませてしまいましょう。
最後に紹介する仮想貨幣の専門用語は「トークン」です。トークンとは代替紙幣を指す言葉なのですが、仮想貨幣とトークンは綿密に分類できるようなものではありません。

仮想通貨はトークンであるともいえますし、トークンでは無いということもできるからです。
トークンについて完全に理解するにはブロックチェーンシステムを始めとした仮想通貨の仕組み全てと、そもそもの紙幣の流通の仕組みについて理解を深める必要があります。

仮想通貨のプロになりたいわけでもなければトークンが何かを完全に理解する必要は全くありません。
トークンという用語を目にした際には「ああなんかブロックチェーンシステムに関する仮想通貨のヤツ」くらいの認識で捉えていただければ十分でしょう。

4.仮想通貨の用語は少しづつ覚えていけば大丈夫!

ここではよく耳にする用語を3タイプに分類して皆さんに紹介させていただきましたが、今すぐここで紹介した用語を全て覚える必要はありません。
これらは全て仮想通貨について日常的に触れていれば少しづつ身につく知識だからです。

今はまだbitcoin(ビットコイン)を使用できる機会は少なく、触れるタイミングも限られている仮想通貨ですが仮想通貨の盛り上がりと将来性を加味するにこの先もっともっと仮想通貨に触れる機会が多くなることが予想されます。
bitcoin(ビットコイン)を使用することのできる通販サイトも増えるでしょうし、bitcoin(ビットコイン)を銀行に預けることだってできるようになるかもしれません。

触れる機会が増えれば必然と使ってみる機会も増えますし、今はまだ仮想通貨に全く興味が無い人もそのうちbitcoin(ビットコイン)の買い方を自分で調べるようになるかもしれないのです。
今は乱高下の激しいイナゴ投資家の独壇場でしか無い仮想通貨相場ももし近い将来そのようになればきっと円やドルのような扱われ方をすることになることが予想されます。

今はまだ安定しない仮想通貨の相場を嫌い株式を始めとした金融取引を行っている人もそのうち必ず仮想通貨の相場に参入することになるでしょう。
仮想貨幣の用語は少しずつ覚えていけば大丈夫です。焦って覚えたところですぐ忘れてしまいますし知識として定着することはありません。

bitcoin(ビットコイン)を購入する機会ができた時、友人がbitcoin(ビットコイン)(ビットコイン)を購入した時、会社で用語知識が必要になった時など覚えなきゃいけない機会はその内必ずやってきます。
その機会を活かすようにして必要に応じて必要な分だけの知識をゆっくり覚えていきましょう。

用語の覚え方は人それぞれですが、私としては暗記ブックを使用して覚えるという方法を最も強く推奨しています。
見るだけではなく書くことで手で覚えることもできるのでとても速くそして長く記憶として定着してくれますよ。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!