仮想通貨の種類を知ろう!まずは基本の3種類!!

仮想通貨の種類を知ろう!まずは基本の3種類!!

仮想通貨と聞くと多くの人はbitcoin(ビットコイン)を思い浮かべるかもしれませんが、勿論bitcoin(ビットコイン)以外にも多くの仮想通貨がこの世界には存在しています。

bitcoin(ビットコイン)と同じように実際に多くのお店で金貨として使用することができるものもあれば、一部の身内の間でしか流通していない仮想通貨の種類もあるなど、その在り方は多種多様です。
流通している規模や市場価格を考慮しなかった時、今現在存在している仮想通貨の種類数はおよそ1000種類以上に及ぶとも言われています。

仮想通貨の種類が1000種類以上あるというのはどういうことなのでしょうか?
簡単に説明させていただきます。

仮想通貨の種類は1000種類以上!

仮想通貨の種類が複数あると聞いた時、多くの人は1ドル札と10ドル札のようなものを連想したかもしれません。
米ドル札に紙幣としての種類があるように、仮想通貨であるbitcoin(ビットコイン)にもそのような形で複数の形がありそれを種類としているのかもしれない。
このように思われたかもしれません。

ですがそうではなく、本当にそれぞれが使える場面が異なった通貨としての特徴を持った上で1000種類以上もの種類が仮想通貨にはあるのです。

それぞれ変わった特徴を持ち、また作られた目的も違う。
bitcoin(ビットコイン)以外の仮想通貨は一般的にアルトコインと呼ばれます。
誇張抜きで1000種類以上のアルトコインが世の中には溢れているのです。

今後はさらに仮想通貨の種類が増えると予想される!

仮想通貨の種類について多いと感じられた人が殆どかと思いますが、昔からこれほどまでに多かった訳ではありません。

2017年の8月時点では700種類ほどしか仮想通貨の種類はありませんでした。
bitcoin(ビットコイン)が提唱される2008年以前は数十種類しか仮想通貨は存在していなかったとされています。

700種類という数もなかなかの多さなのですが、経った3ヶ月とちょっとで40%近い300種類増えているのです。
仮想通貨の将来性を見越した上で今もまた新しい仮想通貨が誕生し続けているわけです。

このペースで増え続けた場合2年後には5000種類を軽く越す数の仮想通貨が存在しているかもしれないのです。

仮想通貨の種類を大まかに把握しよう!

仮想通貨の種類が多すぎるが故に、なかなか手を出せない人は多いでしょう。
仮想通貨最大手であるbitcoin(ビットコイン)ですら2017年の最新状況においてはハードフォークによってbitcoin(ビットコイン)キャッシュとbitcoin(ビットコイン)、bitcoin(ビットコイン)ゴールドの3種類に分裂しました。
それだけではなくこの先も分裂する可能性がまだまだあるとされています。

どの仮想通貨を購入するか、決めるには数多くある仮想通貨の種類の中でも有力だとされているものをいくつか知っておく必要があります。
ここでは特徴を踏まえた増えで将来性を見たとき、有力だと考えられる仮想通貨をいくつかランキング形式でその種類を解説しておきます。

仮想通貨の種類解説「bitcoin(ビットコイン)」について

まず一番最初に知っておきたいおすすめの種類はやはりbitcoin(ビットコイン)でしょう。
日本人のみならず、今世界中からあらゆる意味で注目を浴びている最有力仮想通貨、それがbitcoin(ビットコイン)です。

投資目的で購入される仮想通貨として一番人気であるだけでなく、ドルや円と同じように世界中で使用することができることを目的に作られた仮想通貨ということもあり、ビックカメラ等の大手量販店で決済に使用できるなど実用性も一番ある仮想通貨です。

ハードフォークによって一時期その価格は下落してしまいましたが、今は元の価格以上の価格に持ち直しています。

仮想通貨の種類解説「イーサリアム」について

bitcoin(ビットコイン)の次におすすめの仮想通貨は世界二位の市場規模を誇るイーサリアムという仮想通貨です。

bitcoin(ビットコイン)には無いスマートコントラクトという機能を持っており、これがbitcoin(ビットコイン)には無い利便性を与え、とても応用性の高い仮想通貨に仕上げています。
イーサリアムに使われているブロックチェーンシステムはマイクロソフトにも導入される等、この先bitcoin(ビットコイン)以上に注目される仮想通貨になるかもしれません。

また、日本でも堀江貴文を始めとした多くの資産家が既に注目しており、その可能性は計り知ることができません。

仮想通貨の種類解説「ライトコイン(Litecoin)」について

最後にお勧めしたい通貨はライトコイン(Litecoin)と呼ばれる種類の仮想通貨です。
bitcoin(ビットコイン)の次に誕生した種類の仮想通貨で、bitcoin(ビットコイン)を金貨とするならばライトコイン(Litecoin)は銀貨であると開発者は断言しています。

その特徴は早い決済スピードにあり、bitcoin(ビットコイン)が平均して10分間決済にかかるのに対してライトコイン(Litecoin)は約半分の速度で決済を終わらすことが可能です。

イーサリアムほどの価格高騰はみられませんが、bitcoin(ビットコイン)と同じく多くのお店で使える安定した仮想通貨だといえるでしょう。

仮想通貨の種類と用途に応じて購入する取引所を選択しよう

仮想通貨には基本的に中央銀行のようなコントロール組織はありませんが、相場価格で円やドルと仮想通貨を取引してもらえる両替所のような会社が存在します。

私達は仮想通貨の種類に応じて、それら両替所ともいえる会社で円やドルを仮想通貨に交換するのです。
bitcoin(ビットコイン)やイーサリアム、リップなどといった殆どの仮想通貨の種類はCoincheck(コインチェック)と呼ばれる取引所で円やドルと交換することができますが、当然取引所は一つだけではありません。
自分の購入したい仮想通貨の種類、また購入する目的に応じて適切に取引所を選択し、利用する必要があります。

ここでは簡単に各取引所の特徴をおおまかに紹介しておきましょう。

bitcoin(ビットコイン)おすすめ取引所「Coincheck(コインチェック)」

まず初心者に最もおすすめしたい取引所がCoincheck(コインチェック)です。

bitcoin(ビットコイン)だけでなく上で紹介したイーサリアムやライトコイン(Litecoin)を始めとした多くのアルトコインを購入することができます。

Coincheck(コインチェック)が初心者に最もおすすめな理由はその使いやすさにあります。
UIがわかりやすいので一直線に仮想通貨の購入にまでたどり着くことができるはずです。
また、100万円までの盗難に対して補償サービスを行っているのもポイントが高い点だといえるでしょう。

bitcoin(ビットコイン)おすすめ取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」

次に紹介したい取引所はbitFlyer(ビットフライヤー)です。

こちらは使うためにbitcoin(ビットコイン)を購入するのではなく、FX、投資目的に仮想通貨を購入したい人に対して非常に向いています。
投資を想定した取引サービスが非常に充実しているので投資目的で仮想通貨を購入したいと考えている人は是非ともこちらを利用してはいかがでしょうか。

bitcoin(ビットコイン)おすすめ取引所「zaif」

最後に紹介したい取引所は手数料が最安なことで知られるzaifです。

nemやmonaコイン、を購入する場合どこよりも安く購入することができることで知られており、nemやmonaコインを用立てたい人にとって欠かせない取引所の一つとなっています。
bitcoin(ビットコイン)やイーサリアムといった仮想通貨ももちろん他と同じように購入することができますよ。

仮想通貨の種類ごとに時価総額を見てみよう

仮想通貨の種類は1000種類以上あると述べましたが、今現在(2017,11,21)時価総額が100億を越している仮想通貨は69しかありません。
これを69しかとみるか、69もと見るかは人それぞれですが、1000種類全てが莫大な価値を持っているというわけではなさそうです。

では今最も断トツで高い時価総額を持っているbitcoin(ビットコイン)はどうなのでしょうか?

bitcoin(ビットコイン)は今の時点で16兆前後の市場規模にまで発展しています。
市場規模ランキング2位であるイーサリアムが4兆円なのでまるっと4倍の差をつけて1位に君臨しているということになります。

数多くある仮想通貨の種類の中でもなぜbitcoin(ビットコイン)がこれほどまでに注目され、イーサリアムやbitcoin(ビットコイン)キャッシュといった仮想通貨がその他のコイン、アルトコインとして扱われているか分かっていただけるでしょうか。

時価総額ランキングを見た時、第三位にはbitcoin(ビットコイン)からハードフォークによって分裂したbitcoin(ビットコイン)キャッシュが位置づけています。
この仮想通貨は中国のマイニング組織が主導して支えており、それ故bitcoin(ビットコイン)が生まれるに至った理論からは外れていますがそれが皮肉にも一定の信頼の通貨にもたらしているのかもしれません。
その時価総額は現時点で約3兆円です。

4位はリップル社が主導するリップルで、その時価総額は1兆円規模、5位のライトコイン(Litecoin)ですら4000億という時価総額を持っています。
bitcoin(ビットコイン)を初めとした仮想通貨の恐ろしいところは今なおその時価総額が上がり続けているというところにあります。

国によって保証された通貨ではないので、いつなくなってもおかしくないにも関わらず、そんな通貨が15兆以上の価値を持ち、現在進行系でその価値が大きくなり続けているのです。
それを考えればいかに多くの人が仮想通貨というものに大きな期待と信頼を寄せているか理解することができるでしょう。

仮想通貨の種類の今後

仮想通貨を種類別にその時価総額チャートを見てみると、殆どの仮想通貨が右肩上がりでその価値をあげていることに気がつくことができるかと思います。
瞬間的に大きく価値を下げることはあっても、なだらかに価値を下げることはない、仮想通貨の価値は得てして上がる一方です。

日本から買える仮想通貨の種類は今なお増え続けています。
取引所の数もまた今後増え続け、日本から購入することのできる仮想通貨、またその方法はますます増えることでしょう。
増え続けるのは仮想通貨の種類もまた同様です。

上で述べたように3年後には今の倍以上の種類の仮想通貨がこの地球上に存在している可能性が非常に高く、私たちはそんな増え続ける仮想通貨をうまく使いこなしていかなければなりません。
ウォレットを始めとした仮想通貨の基本システムは勿論、送金におけるメリット、デメリットなど仮想通貨の基本的な特徴は事前に把握しておきたいところです。

そしてこの仮想通貨高騰の波に乗り遅れないためにも、有力な仮想通貨の種類の比較チェックは予め済ましておき、来るべき購入タイミングに事前に備えておきましょう。
価値が上がりきってから泣いてもそのタイミングが戻ってくることは決して無いのですから。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!