お金持ちが不幸になる2つの原因

お金持ちが不幸になる2つの原因

不幸になる原因

「お金持ちになりたい」とそれ自体を夢に持つ人は多くいるはずです。
またお金持ちになるために頑張ることは悪いことではありません。

ですがお金持ちであることと幸福であることは決してイコールではありません。世の中にはお金よりも大切なものが確かにあり、それをお金のために犠牲にしてしまうとお金がありながらも不幸という状況に陥ってしまいます。

なぜお金があるのに不幸になってしまうのか、その原因を2つ紹介しましょう。

人間関係の軽視

原因の1つめは人間関係にあります。
お金を求めるあまり仕事に没頭し、その結果家族愛を失う人は少なくありません。このような人たちは仕事を辞めた後、老後資金に困っていないにも関わらず不幸を感じることがままあるようです。

ハーバード大学の心理学者、ロバートウォールディンガーは「老後に最も幸せなのは仕事仲間に代わる新しい仲間を自ら進んで作った人たちだ」と述べています。

早死や健康、記憶力といった一見人間関係と関係ないようにみえる事柄も人間関係を軽視すると悪化すると述べる学者もいるようです。

お金は持つ人に対し独立心を与え、共感能力を大きく下げるといわれています。孤独にだけはならないように気をつけたほうがよいでしょう。

不摂生

多く稼ぎたいがあまりに徹夜を続ける等、不摂生を続けることはやめたほうがよいでしょう。
不健康が不幸を運ぶことはいうまでもありませんが、睡眠不足や運動不足は体を不健康にするには十分です。睡眠不足に関してはタバコよりも体に健康被害をもたらすという話もあるくらいです。

日本では過労死ラインを超える残業の日々をこなす人が多くいます。彼らは多くを稼ぎお金を貯めていますが心の底から幸せを感じているわけではありません。またその結果過労死する人も少なくないのです。

お金があっても病院で寝たきりとなってしまってはそのお金を満足に使うこともできません。
お金を稼いでも使えなくては意味がないのです。お金が優先順位の一番上に来ている人は幸せな人生を送るためにもそれよりも本当に大切なものはないか、優先順位を見直してみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ビットコイン運営局です! 初心者に対しても分かりやすいビットコインに関する情報を提供出来るように日々頑張っています。 宜しくお願い致します!