「お金だけじゃない」という人ほどお金に汚いことがある

「お金だけじゃない」という人ほどお金に汚いことがある

お金儲けは悪ではない

お金を儲けている人に対し「金に汚い」と勝手に悪いイメージつけをすることは自由ですし、「世の中お金じゃない」とお金以外のところに価値を見出すのも自由です。

ですが自分がお金を儲ける努力をしない言い訳にそれらを使うのは良いことではありません。
こんなことを言うと強い反発を受けるかもしれませんがお金儲けを悪とする人はお金がなく嫉妬心からそのように思っているのではありませんか?

お金を稼ぐのに成功している人は皆なにかしらのリスクを負った上でその財産を築き上げています。不動産投資を例に出すならば、いくら数億円という大金をかけていい土地にビルを建てたとしても地震や火災が起きればそれはなくなります。リスクの無いお金稼ぎなどありません。

お金持ちはお金に汚いと称されることがありますが、ある意味それは当たり前なのです。彼らお金持ちは大なり小なりリスクを犯し、苦労をした上で今の財産を築いています。身を持ってその価値を体験しているからこそそれの使い方にシビアになってしまうだけなのです。

成金にしてもそうです。彼らは良いモノを食べ、良い服を着て良い車に乗っていることをアピールしてくるイメージが強く、また実際にそうなのかもしれません。ですがそれは決して悪いことではありません。

お金儲けが成功し、自由にお金が使えるとなった時、使うのが当たり前であり自然です。また着飾った後それを人に見てもらいたいと思うのも自然なことです。成金はお金の使い方を覚えている途中であってお金持ちが必ず通る道の一つにしか過ぎないわけで、わざわざ否定されるようなことでも否定するようなことでもないのです。

お金以外のところに価値を見出すのは自由ですし、事実お金よりも大切なものはあるでしょう。健康だったり、人間関係であったりそれは人によって違います。

ですが嫉妬心からお金が必要であるという事実から目を背け、お金を儲けることを悪いことだと考えてしまうのは良くないことです。

お金を儲けようとすることは決して汚いことでも悪いことでもないのです。

ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ビットコイン運営局です! 初心者に対しても分かりやすいビットコインに関する情報を提供出来るように日々頑張っています。 宜しくお願い致します!