米証券取引委員会(SEC)が却下した9つのビットコインETFを再審査

米証券取引委員会(SEC)が却下した9つのビットコインETFを再審査

米証券取引委員会(SEC)が9つのビットコインETF(上場投資信託)の却下を8月22日に発表していましたが再審査をすることが決定となりました。

却下の理由

却下されていた9つのビットコインETFはプロシェアーズ、ディレクシオン、グラナイトシェアーズによって申請されていたものです。
22日の発表では、当該取引所は詐欺や市場操作などの行為や慣習を防ぐために定められた条件を満たしていないという理由で却下をされていました。

この結果を受けて注目度が高いETF関連ということもあり、ツイッターでも話題になっていたようです。

しかし、その後SECは22日の決定を再審査することを発表しましたが、再審査の結果発表は明らかにはされていません。
このニュースを最初に伝えたSECコミッショナーの一人のヘスター・ピアース氏はツイッターで

コミッション(委員長とコミッショナー)は一部の業務をスタッフに委任し、スタッフはコミッションの代理として業務を行っています。
コミッションがスタッフの業務の見直しを行うことがあり、今回それが行われることになります。

上記のように説明しています。

再審査をしてまた却下となると再審査の意味のないような気がしますが再審査の結果がまだ不明なだけに今後のニュースに注目していきたいと思います。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です