昨年1年間の貯蓄額「0円」が4割

昨年1年間の貯蓄額「0円」が4割

JCBが20~60代の男女を対象に行った調査によると昨年1年間で1万円以上貯蓄できた人の割合は6割、つまり4割の人の貯蓄額が0円だったことが分かりました。

「1年間で貯蓄額はどのくらい増やせたか?」とする設問の答えには「0円」「1万円~50万円未満」「50万円~100万円」「100万円以上」の4つが用意されておりそれぞれ39.8%、28.6%、12.7%、14.1%という結果になりました。平均貯蓄増加額は57.2%でした。

この調査はキャッシュレス派と現金派、それぞれに対して行われており、特に貯蓄増加額に顕著な差がみられました。
キャッシュレス派の平均貯蓄額が83.2万円だったのに対し現金派は34.2万円に留まるという結果に。男女別に見てもキャッシュレス派が現金派を共に倍以上大きく上回っており、キャッシュレスに移行することがが貯蓄することに繋がるかどうかは明らかになっていませんが、少なくともここからキャッシュレス派は現金派より貯蓄できるだけ体制が整っていることが伺えます。

調査では新年度の貯蓄目標額も尋ねています。
調査に対する答えを「1万円未満」、「1万円~50万円未満」、「50万円~100万円未満」、「100万円以上」で分けると100万円以上と答えた人が34.6%でトップに、次点が33.2%で1万円~50万円未満、50万円~100万円未満が16.3%、1万円未満と答えたのが15.9%という結果になっています。平均貯蓄目標額は257.2万円でした。

昨年の貯蓄額が0円と答えた人の割合が4割だったのに対して、今年は100万円以上貯蓄したいと思っている人の割合が3割を上回るという驚きの結果になりました。現実の値ほど、理想とする貯蓄目標額は低くありません。貯蓄意識自体は決して低くはないことが分かりました。

JCBが行った今回の調査はインターネット上で20~60代の男女1000人を対象に3月8日から11日までの間行われました。

ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ビットコイン運営局です! 初心者に対しても分かりやすいビットコインに関する情報を提供出来るように日々頑張っています。 宜しくお願い致します!