Ripple(リップル)が中国13億人獲得へ本格的に動き出す

Ripple(リップル)が中国13億人獲得へ本格的に動き出す

リップル(Ripple/XRP)は自社で開発している国際送金サービスRippleNetの拡大のために中国13億人をターゲットにしてたブロックチェーン技術の普及に本格的に取り組んでいます。

Ripple社の欧州連合(EU)戦略担当副社長であるJeremy Light(ジェレミー・ライト)氏は、CNBCとの電話インタビュー内でリップル社が分散型台帳プラットフォーム拡大のために中国とその巨大な人口をターゲットにしていると述べており、中国は見込みのある経済圏だとコメントしています。
しかし、中国政府はブロックチェーン技術は支持していますが、国内取引の禁止や地方の暗号通過取引を禁止し、昨年末にはコインの提供を禁止するなど以前からかなり厳しい対応を取っています。

このような現状から、リップル社側も中国政府が仮想通貨XRP(リップル)を採用することはあり得ないと考えているため、中国国内の銀行や金融機関を通日リップルの技術を普及させる必要があります。

リップルは現在、Santander、UniCredit、UBS、Standard Chartered等の100を超える金融機関と提携していますが、中国の顧客は中国・香港に拠点を置く大手送金業者であるLianLian Internationalだけとなっていて実際に中国市場で普及するまでにはかなり長い道のりがあると予想されます。
また、中国にはAnt Financialの「Alipay」Tencentの「WeChat Pay」といった決済アプリが既に普及していて消費者からの人気も高いという理由からRippleが中国市場で普及するのは厳しいのではと指摘する声も多く見られています。

もし本当にリップルが13億人のターゲットの獲得が出来たら仮想通貨業界にとってビックニュースになるとは思いますが、現状はまだまだ時間がかかりそうな気がしますね。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です