人気成人向けセクシー雑誌「PLAYBOY(プレイボーイ)」仮想通貨企業を訴訟

人気成人向けセクシー雑誌「PLAYBOY(プレイボーイ)」仮想通貨企業を訴訟

人気の成人向けセクシー雑誌「PLAYBOY(プレイボーイ)」の親会社「Playboy Enterprises(プレイボーイ・エンタープライズ)」は、決済のためのデジタル通貨ウォレットを作れなかったことを理由に仮想通貨企業「Global Blockchain Technologies(GBT)」に対して米国ロサンゼルス高等裁判所で訴訟を起こしました。

今年の3月にPlayboy EnterprisesはGBTと企業提携をしており、事業全体で仮想通貨のオンライン決済用のウォレットの開発をしていることを明らかにしていましたが、今回の報道によるとこのプロジェクトは順調には進んでいないと予想されます。

LA Timesの報道によるとPlayboy EnterprisesはGBTに対して賠償金の請求だけでなく、詐欺や契約違反の損害賠償までも求めているとのことです。プレイボーイ側はGBTがPLAYBOYのメディアチャンネルにブロックチェーン技術を統合することに合意しなかったと主張しています。
また、GBTはデジタルウォレットを作成しなかっただけでなく、契約の一部でもあった約4億円をプレイボーイ社に対して支払っていないともコメントしています。

一方、GBT側はよくある揉め事と説明しており、強い理由がありこの行動に至ったとも伝えており、プレイボーイ側の主張に対して積極的に抵抗していくことを明かしています。

アダルト業界では仮想通貨を活用する動きが既に複数の大手企業などでは行われており、その中でも有名な成人向けコンテンツを配信している大手アダルトサイト「Pornhub」は、仮想通貨での支払いを既に受け入れているようです。その他にも、ラスベガスのストリップクラブなどでは、クレジットカードの請求書を見られないことを目的にビットコイン決済を導入するなど仮想通貨を導入する企業が増えているようです。

今回のプレイボーイの訴訟ですが、両者の主張は激しく対立しているようでこれからどのような展開になっていくのか注目が集まりそうです。

ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ビットコイン運営局です! 初心者に対しても分かりやすいビットコインに関する情報を提供出来るように日々頑張っています。 宜しくお願い致します!