「お金に興味ない」は危険?若い人ほど人生が詰む

「お金に興味ない」は危険?若い人ほど人生が詰む

お金から逃げるのは危険

経済評論家である横川楓さんと経済記者の高井浩章さんは「お金から逃げていると、人生が詰む」と主張しています。

20代のリアル、貯蓄0円

20代が直面しているツラい現実について彼らは語ってくれました。40代の団塊ジュニアより少し上の世代は下の世代に貯蓄をしろとせかします。ですが上の世代から貯蓄や資産形成について推奨されるたび横川氏は「私たち世代とはズレがあるな」と感じていたそうです。

奨学金の返済に精一杯の同世代の友人、世帯収入が少なく貯蓄の余裕がもてない人、「今の20代は貯蓄をすすめられてもそんな余裕はもてない」と横川さん。20代は生活のためにお金を使うので精一杯という現状に今あるのです。

しかし高井さんは本当に経済的に苦しい若者世代にこそ、お金のことを考えて欲しいし、経済の基礎を学ぶための機会がもっと必要だとしています。

お金のことを知らないと損をする

今の20代は辛い現実の中にいますが、まずそれを自覚している人が多くありません。現状危機感を覚えてる人が少ないわけです。
それについて横川さんは「まず現実を知るのが大切」だとしています。
人は知っていると得をする情報よりも知らないと損をする情報を積極的に集めると語る横川さん、行動を促すにはマイナスの情報を与えることが大事なんだそうです。

たった少しの知識で大きな差が出るお金について学ぶのに「おカネの教室」はとてもいいとすすめる横川さんはかつて実家が会計事務所を経営していたこともあり、お金に関する少しの知識がとても大きな差につながるということを身を持って知っていると語ります。
同世代の友人の持つお金の知識が乏しいこともあり、お金の知識を啓蒙する活動を始めたそうです。

高井さんは「若者が世の中を変えてお金と経済をうまく回す主役になってくれないと」と語ります。大げさではなく、そうならなかった場合日本経済が行き詰まると教えてくれました。若者がお金に興味をもち、知識を得ていかないと日本全体に影響を及ぼすことになると危機感を感じているそうです。

若者の貯蓄0円問題、これは若者だけの問題ではなく、日本全体の問題として取り組んでいく必要がある大きな問題となっています。

ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ビットコイン運営局です! 初心者に対しても分かりやすいビットコインに関する情報を提供出来るように日々頑張っています。 宜しくお願い致します!