ナイキが独自の仮想通貨を計画中?米当局に特許申請で明らかに

ナイキが独自の仮想通貨を計画中?米当局に特許申請で明らかに

ナイキが仮想通貨に関する商標特許を申請中

スポーツブランドとして知られている世界的大企業であるナイキが仮想通貨関連の商標特許を米国特許商標局に先週提出していたことが明らかになりました。「CRYPTOKICKS」というナイキ独自の仮想通貨の発行を含む計画が記されていたようです。
ナイキが19日に提出した商標登録の申請に含まれていた計画は以下でした。

  • 独自のデジタル通貨
  • 仮想通貨ソフトウェア
  • ハードウォレット
  • モバイルアプリ
  • クリプト・コレクタブル
  • トークンやフットウェアアパレルの売買を扱うオンラインサービス

まだ特許申請の段階であり、実際に仮想通貨関連のこれらがどのようにナイキによって運営されるのか全く詳しいことはわかりません。ですがモバイルアプリ、オンラインサービスといった計画が記されているのを見てもナイキが独自のオンラインサービスを立ち上げ、それを通してCRYPTOKICKSでお買い物ができるようになるのは間違いないと思われます。ただ仮想通貨を保有するだけでなく、それを利用した独自サービスの展開を計画しているとみてよいでしょう。
それらサービス内に割引制度等の付加価値が設けられるかどうかは今の所不明ですがナイキブランドを好んで使っている人はCRYPTOKICKSの動向に注目しておいて損はないかと思われます。

ワシントンを拠点としている商標専門の弁護士Josh Gerben氏の説明によるとナイキは特許商標を保管するだけではなく、実際に利用する方針を約束する誓約書とともに提出したそうです。
特許申請が通るかどうかは米政府の特許商標局次第ではありますがナイキが独自の仮想通貨を発行する気でいることは少なくとも間違いないでしょう。
もし仮にCRYPTOKICKSの特許申請が却下された場合であってもGerben氏によれば30日間後に上告することができるようです。
ナイキが仮想通貨を発行する日はそう遠くないのかもしれません。
ナイキの仮想通貨関連の情報から目が離すことができません。

ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ビットコイン運営局です! 初心者に対しても分かりやすいビットコインに関する情報を提供出来るように日々頑張っています。 宜しくお願い致します!