この国で働きたい!憧れの国ランキング

この国で働きたい!憧れの国ランキング

働き方について憧れる国があるか調査

管理ソフトウェアなどを手掛けるWrikeが「働き方について憧れる国や地名がありますか?」という調査を18~64歳の男女を対象に行ったところ、「ある」と答えた人が49.0%、「ない」と答えたのが51.0%となりほぼ割れる結果となりました。

憧れる国があると答えた人達から最も高い人気を集めたのがドイツです。
ドイツが選ばれた理由として寄せられたものには「ドイツに何度か訪問したが、仕事がすべてというわけではなく、豊かに生活する上での仕事という感じがして働き方に魅力を感じる」「ホワイトカラーの生産性が高い。ワーキングタイム・アカウント制度(労働時間貯蓄口座)がある」といったものがありました。
仕事と生活を分けた合理的な働き方が高く評価されているのが伺えました。

ドイツの次に高い評価を集めたのがハワイです。
ハワイと答えた人は理由として「気候も過ごしやすく温暖で年間を通じて趣味に講じることができそう」「あくせくしないで人生を楽しんでいるイメージがあるから」と答えており、仕事の内容よりもハワイの持つ気候や風土を高く評価している印象を受けました。

3位はフランスで理由には「バカンス休暇が年6週間もあり、義務となっていること」「子育てに協力的な会社が多く、女性に働きやすい環境をつくっていると思うので」といったものがありました。フランスにある女性が社会進出しやすい環境が高く評価されているようでした。

4位からはオーストラリア連邦、スイス連邦、イタリア共和国、ニューヨーク、イギリス、ロサンゼルス、スペインとなっていました。

Wrikeは今回「よりストレスの少ない仕事を得るためであれば、給料が下がっても構わないか」という調査も行っています。これによると全体の約16.3%が「あてはまる」と回答しました。男性は高齢になるほどストレスを減らすことよりも給料を重視する傾向が顕著に伺えました。20代男性の約3割である32.1%が「あてはまる」と答える一方、20代女性の64.4%は「あてはまらない」と答えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です