Cryptocurrency Exchange MarketへのLINEの参入発表 その後

LINEが暗号通貨事業参入発表 その後

1月31日にCCNは、LINEが2018年に暗号交換を開始する予定であると報告しました。

それ以来4ヶ月間にわたり、LINEは革新的なプロジェクトを引き続き探求してきました。今週、LINEはUNCHAINというジョイントベンチャーを通じて、LINEの開発チームが様々な分散アプリケーション(Apps)とそのブロックチェーンメインネットをICONブロックチェーンプロトコルに導入すると発表しました。

CCNが公式に発表した情報によれば、LINEとICONは協力して、数億人のユーザーが日常的に利用できる幅広いアプリケーションを開発し、展開するそうです。

LINE開発チームは、独立したブロックチェーンラボを構築することで、ブロックチェーン技術の可能性を模索し技術を商業化する革新的な方法を研究し始めます。

ICONチームはCCNとのインタビューで次のように述べました。

「時間がたつにつれて、ブロックチェーン技術がビジネスにもたらす効率性を世界中の企業が認識し始めると確信しています。私たちは、教育や研究を通してこれを実現するためにこれからも尽力していきます。」

ICONは2億人のアクティブユーザーによって使用可能

日本で最も広く利用されているアプリケーションであるLINEは、毎日2億以上のメッセージを送受信するプラットフォームです。

ICONとLINEの合弁企業により、数億人のLINEユーザーが、アプリケーションを通してICONブロックチェーンを利用する可能性があるとCCNに語りました。

現在、ブロックチェーン分野ではブロックチェーン技術の普及が目立っていません。

しかしEthereumの創業者であるヴィタリック・ブテリン氏や専門家は、ブロックチェーンプロジェクトの大きな市場評価に対して懸念を表明しています。

LINEが暗号通貨事業参入発表 その後

11月には、暗号通貨市場が0.5兆ドルの市場評価を達成したため、ブロックチェーンセクターが金融や技術などの主要産業に価値を提供してきたが、評価を正当化するのに十分ではないと述べた。

“それで、総cryptocoinの時価総額は今日0.5兆ドルに達しました。しかし、私たちはそれを獲得しましたか?私たちが銀行に入れた銀行員は何人いますか?一般市民に対する検閲に抵抗する商取引はどれくらい有効になっていますか?私たちはかなりの使用を持っているどのように多くのdapps作成している?」

Buterinは言っこれらの質問のすべてに答えは間違いなくゼロではなく、いくつかのケースでは、それは非常に重要です。しかし、それが$ 0.5兆レベルの重要なものだとは言えません。十分ではない。”

ブロックチェーンプロジェクトと大規模企業の間の長期的なパートナーシップと合弁事業は、グローバルに採用され、ブロックチェーンの潜在力を実証するために実際に利用される可能性のあるブロックチェーンプラットフォームとアプリケーションの開発を可能にします。

ICONチームは、LINEに関しては、ICONネットワークとICONチームの技術力によって提供される相互運用性の利点にLINE開発チームが関心を寄せていると述べた。

「これはICONチームの技術的およびビジネス的能力の質を示すものと考えています。その日の終わりには、あなたのパートナーと一緒に働くことがどれくらい快適かについてです。LINEとICONはお互いに強い尊敬を集めています」と、ICONチームは言いました。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です