仮想通貨投資「今からでも遅くない!」IT企業が続々参入

仮想通貨投資「今からでも遅くない!」IT企業が続々参入

仮想通貨黄金期がやってくる!
2017年、1年間で20倍に跳ね上がったビットコインですが、2018年前半はコインチェック騒動も起こり低迷が続き、もう終わりではないのか…との声も聞こえていました。
しかし、2018年後半に入り今は上昇傾向にあり、仮想通貨の黄金期がやってくるのではとの声が出てきています。

その中でも強気な発言をしているのがフィスコデジタルアセットグループ代表取締役の田代昌之氏です。
以下、田代氏のコメント

コインチェック騒動を経て仮想通貨取引所は精査されつつあり、取引所による新団体も業界の健全化を進めています。今後はおそらく、現在の取引業者は半分くらいにまで減って、まともな大手ネット証券やFX会社の資本が入った業者が増えてくるはずです。結果、新たに参入する投資家も出てくるでしょう。私からすれば規制強化は買いのサインです。
今年後半にかけて緩やかに上昇し、夏頃には100万円台の壁を超えてくるでしょう。その後、300万円台後半~400万円台を目指すとみています。今年中にそこまで到達するかは難しいですが、少なくとも昨年の最高値(約260万円)は抜いてくるのではないでしょうか。

以前は新規の個人投資家の資金が中心でしたが、新しい資金源として知名度の高いIT企業が次々に仮想通貨に参入が決まっています。サイバーエージェントやLINEが取引所の開設を目指す一方、メルカリが仮想通貨決済システムを導入を目指すなど仮想通貨の地盤がどんどんと広がってきています。
また、これに合わせて仮想通貨を今まで避けてきたFXトレーダーなどの投資家も参入して資金が続々と入っていくことも予想されています。

仮想通貨参入予定の大手企業

CyberAgent(サイバーエージェント)
以前は仮想通貨を目指していましたが競争の激化などを理由に一時は断念しましたが、2019年には独自の仮想通貨の発行を目指しており、ゲーム業界を中心として使えるようにする方針。
avex(エイベックス)
2017年5月にエンタメコイン株式会社の設立を発表し、仮想通貨交換業にも参入を検討しています。チケットやグッズなどの決算システムも仮想通貨を利用出来るようにする方針。
MIZUHO(みずほ銀行)
電子マネーのように決算可能なJコインという仮想通貨を現在も開発中で、今後、Jコインを実際に使用出来るようにする方針。
MUFG(三菱UFJ銀行)
2019年にMUFGコインを発行予定で、米コインベースとも提携して日本進出を支援していく方針。
LINE(LINE)
2018年に50億円の資本金でLINEフィナンシャルの設立を発表し、サービス開始時期は未定ですが、交換業などを始める方針。
mercari(メルカリ)
金融慣例サービス会社メルペイを設立しており、2018年内にも仮想通貨決済を導入する予定です。また、LINEと同じく仮想通貨交換業の登録も金融庁に申請中で主要な仮想通貨で支払いが出来るようにしていく方針。
Yahoo!JAPAN(ヤフー)
仮想通貨交換業ビットアルゴ取引所東京へ資本参加を明らかにしており、2018年秋にもサービスを開始していく方針。
gumi(株式会社グミ)
仮想通貨投資ファンドgumi Cryptosの設立を発表しましたが、今現在は具体的な事業内容は未定。

これだけ多くの有名企業が参入してくることを考えるとこれから黄金期がくるというのも納得出来る気がします!今後の仮想通貨がますます目が離せなくなりそうですね。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です