無料で提供される「情報」と「経験」の狙いとは?

無料で提供される「情報」と「経験」の狙いとは?

狙いは間接的な利益

文房具関連のイベントはその殆どが入場無料となっているが、それはなぜでしょうか?

イベントは主にトークイベント、実演販売、ワークショップの3つが定番としてありますが入場料を取るところは多くありません。これは文房具業界が経験や情報をお金をとるに足らないものとして考えていることなのでしょうか、考えてみることにしましょう。

まず第一に間接的な利益を狙っていることがあげられます。
イベントに足を運んだ人が商品を購入すること、そのイベントをきっかけに日常的にお店に足を運んでくれるようになることを期待しているのです。

イベントを販促として開催する以上客が来ないことは困ります。イベントに全く客が来ないことを避けるためにも無料にしている可能性はあるでしょう。

ですがイベントはあくまで販促に過ぎないと考えることはおかしなことです。コンサートや映画、著名人の講演は有料が普通です。情報や経験に価値がありそれを売っているためですが、文房具店のイベントで得られる情報や経験もお金を取る価値があるのではないでしょうか。

文房具業界は、その価値を自覚した上で情報を売ることになれる必要があります。

近年書店やゲームショップ、駄菓子屋に至るまで様々なお店が今インターネット販売におされて縮小していますがそれは文房具店においても同じで、年々文房具店はその数を減らしています。

ですが実際に手で触って使用感を確認することができるのは店頭でしかできません。これだけ早く、安く、便利なインターネット販売があるにも関わらず完全に文房具店が消えないのには利用者が店頭販売にインターネット販売にはない価値を見出しているからです。

単にモノを売るだけの世界であれば早く、安く、どこにいても届くネットに勝つことはできません。だからこそ情報や経験といったものの価値を今一度見直す必要があります。

文房具はとても楽しいものですが、本当に楽しいのは文房具そのものではなく、その周囲にある新しい使い方や発見といった情報と経験なのです。

ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ビットコイン運営局です! 初心者に対しても分かりやすいビットコインに関する情報を提供出来るように日々頑張っています。 宜しくお願い致します!