ゴールドマン・サックスのブランクフェインCEOが辞任

ゴールドマン・サックスのブランクフェインCEOが辞任

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が、米ゴールドマン・サックス・グループのロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)が早ければ2018年12月にも退任する可能性があると報じた。

ロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)の後任は、デービッド・ソロモン、ハービー・シュワルツ両共同社長のいずれかを充てる意向だと、事情に詳しい複数の関係者の話を総合して伝えた。

ブランクファイン氏は金融危機前の06年からおよそ12年間トップを務めている。金融危機の混乱を乗り越えた、数少ないウォール街の大手金融機関経営者の一人だ。

イド・ブランクファイン氏は約3年前にリンパ腫と診断され化学療法の治療を受けており、退任の一番の理由ではないかと噂されている。

報道を受けてブランクファイン氏は自身のtwitterで「自分の追悼を聞いている気分だ」と述べた。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です