フェイスブックが仮想通貨広告の禁止を緩和

フェイスブックが仮想通貨広告の禁止を緩和

6月27日、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)の広告を禁止する一方、ビットコインなどの仮想通貨を宣伝する広告の出稿を安全性や合法性を審査する申請プロセスに合格したら許可する方針を示しました。

米Facebookは今年1月、利用者の誤解を招いたり、詐欺的なサービスも多いという理由からバイナリーオプションやICO、仮想通貨といった金融商品に関する広告の表示の禁止を発表していました。
今回のポリシー変更で許可を受けた仮想通貨とその関連商品の広告の提示をすることが可能になるとのことです。

以下、発表された内容。

安全と確認できた仮想通貨関連の広告掲載を許可するため、過去数ヶ月間最善の方法を検討してきた
改訂した「禁止されている製品とサービスポリシー」では、「6月26日より、事前承認された広告主から仮想通貨や関連コンテンツに関する広告を許可する。しかし、バイナリオプションやICOの広告は引き続き禁止する」

許可の申請の際、申請会社に取得済みのライセンスや会社が上場しているかといった情報を提示させることで詐欺的なサービス広告を防ぐことが出来るとされています。また、誰もが広告を掲載出来るのを防ぐ狙いもあるようです。
フェイスブックはユーザーからのフィードバックに応じて必要であれば時間をかけてポリシーを変更することも検討しているとのことで今後も金融商品や仮想通貨に対する広告の体制は変化していくものと考えていいでしょう。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です