イーサリアムとリップル、米国の法律下では「認可されていない」可能性?

イーサリアムとリップル、米国の法律下では「認可されていない」可能性?

現在最も価値のあると言われている2つのアルトコイン(イーサリアム[ETH]とリップル[XRP])は、米国の法律下では「認可されていない」可能性が最も高いと言われている。
※以降イーサリアムはETH リップルはXRPと表記

コモディティ先物取引委員会(CFTC)の元首脳だったゲイリー・ゲンスラー氏は、未登録の証券取引を通じて発行されたETHとXRPは、何百もの暗号化不正取引に関与していると主張している。
ゲンスラー氏は、オバマ政権時に2009年から2014年までCFTCの議長を務め、その後、ヒラリークリントン大統領選の最高財務責任者を務めた偉大な人物です。
現在はマサチューセッツ工科大学(MIT)のブロックチェーン研究者として働いており、ブロックチェーンに優しいメディアラボの特別顧問と、スローンスクールオブマネジメントのシニア講師も務めています。

ゲンスラー氏は、ニューヨーク証券取引所に「ETHとXRPの両者にとって、それは準拠していない証券であるという強力なケースがある」と語っている。
これは、両方のクリプトカレンシー(暗号通貨/仮想通貨)がクリエイターによって販売され、主に投資として購入されたためです。
対照的に、ビットコイン(BTC)は投資としての理由で発行された通貨ではないため、規制対象と見なされる可能性は低いと言われています。

ETHは、2014年にプレセールで販売され、投資家が2015年7月30日に市場公開され一般販売が開始されました。
財団は現在、ETCの1%未満を管理しています。しかし、証券取引委員会(SEC)の上級職員は、最近、ベンチャーキャピタル会社のアンドレッセン・ホロウィッツとユニオンスクエアベンチャーズが支持するワーキンググループが、ETHは認可されていない可能性を拒否しなかったと伝えました。
それにもかかわらずゲンスラー氏は、ETHは3年近く機能しており、より分散化された開発体系を達成しているため、XRPやほとんどのICOよりも「非準拠の証券」ラベルを回避する可能性が高いと述べています。
XRPは、サンフランシスコに本拠を置くブロックチェーンのスタートアップRippleによって作成されたもので、販売、助成金などの集中手段を通じて独自の裁量でトークンを発行しています。
XRPのセキュリティは安全ではないと繰り返し主張されていますが、証券会社コインベースは「XRPはコインベースの市場から取り消すことはない」と発表しています。

XRPの担当者トム・チャニック氏は、「XRPはXRPの所有者に利害関係を持たせておらず、配当も支払われていない」と語っています。

ゲンスラー氏は、「2018年が暗号侵害産業の命運を分ける年になる。2018年は非常に興味深い時期になるだろう」と語っている。

記事参照
https://www.ccn.com/ethereumeth-and-ripplexrp-are-noncompliant-securities-says-fmr-cftc-chairman/

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です