Coincheckの評判は?どこが評価されているのか教えます!

Coincheckの評判は?どこが評価されているのか教えます

仮想通貨取引所の中でもかなり高い評判を維持しているのがCoincheck(コインチェック)です。

なぜそのような高い評判を維持することができるのでしょうか?
その秘密はCoincheck(コインチェック)を確かめてみた人だけが分かる隠れた利便性にありました。

今回はCoincheck(コインチェック)について徹底解説していきたいと思います!

Coincheck(コインチェック)ってどんな取引所?

取引所名
Coincheck(コインチェック)
取引所URL
https://Coincheck.com/ja/
運営会社
コインチェック株式会社
運営会社URL
http://corporate.Coincheck.com/
代表取締役
和田晃一良
所在地
東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F
取扱仮想通貨
ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアム・クラシック(ETC)、
ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ネム(NEM/XEM)、
リップル(XRP)、リスク(LSK)、モネロ(XMR)、ファクトム(FCT)、
オーガー(REP)、ダッシュ(DASH)、ジーキャッシュ(ZEC)
取扱通貨
日本円
ビットコイン取引手数料
0%(2018年1月現在)

Coincheck(コインチェック)は国内取引所で取扱仮想通貨数一位を誇る初心者からの評判が非常に良い取引所です。

この取引所の運営はコインチェック株式会社と言うベンチャー企業によって行われています。
資本金は9200万円とbitFlyer(ビットフライヤー)やZaif(ザイフ)と比べるとやや心許無いですが、bitFlyer(ビットフライヤー)、Zaif(ザイフ)と肩を並べる日本3大取引所の一つです。

またCoincheck(コインチェック)株式会社の前身のレジュプレス株式会社がwebサービスを運営していた会社と言うだけあってサイトが非常に使いやすい事でも人気を博しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)が安心・安全を売りにしていると言うのならCoincheck(コインチェック)は使いやすさを売りにした取引所と言えるでしょう。

ここでCoincheck(コインチェック)取引所の特徴を簡単にご紹介したいと思います!

アルトコイン取扱数国内No.1

アルトコイン取扱数国内No.1

Coincheck(コインチェック)は日本国内でも最も多くのアルトコインを取り扱っている取引所です。

上記の取引仮想通貨の欄にも書きましたが、イーサリアム(ETH)、イーサリアム・クラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、bitcoin(ビットコイン)キャッシュ(BCH)、ネム(NEM/XEM)、リップル(XRP)、リスク(LSK)、モネロ(XMR)、ファクトム(FCT)、オーガー(REP)、ダッシュ(DASH)、ジーキャッシュ(ZEC)の合計で12種類のアルトコインを購入する事が出来ます。

仮想通貨損失被害補償サービスを開始する予定がある

Coincheck(コインチェック)は仮想通貨損失被害補償サービスの提供を発表しています。

これは国内の仮想通貨取引所の中でもCoincheck(コインチェック)とbitFlyer(ビットフライヤー)の2社だけでしか提供されていないサービスです。

bitFlyer(ビットフライヤー)の仮想通貨損失被害補償サービスとの違いは後述します。

アプリが使いやすい

アプリが使いやすい

サイトのデザインも非常に見やすく初心者にオススメと言う事を書きましたが、それはアプリでも同様です。

Coincheck(コインチェック)のアプリは国内の仮想通貨取引所のアプリの中でも一二を争うほどデザイン性と操作性を兼ね備えています。

利用者の中には他取引所のアプリが使いにくい事からCoincheck(コインチェック)に乗り換える人が居るほどです。

Coincheck(コインチェック)で評判の高さの秘密はその利便性の高さにある

Coincheck(コインチェック)はそのサイトの使いやすさ公式アプリの操作性の高さbitcoin(ビットコイン)チャートの視認性の良さから総合的に見て非常に使いやすいという性質を持っています。

もし私がbitcoin(ビットコイン)のFX初心者に一つだけ取引所をすすめることができるのであれば迷うこと無くCoincheck(コインチェック)をオススメします。

理由は何度も述べている通りサイトの使いやすさとbitcoin(ビットコイン)のレートの確認のしやすさなどが他の取引所と比較して非常に高いからです。
口コミサイトを見てみても分かる通り、多くの人がCoincheck(コインチェック)の使い勝手を高く評価していることがわかります。

いくらサイトが使いにくくても慣れてしまえば同じだと思っている人も中にはいるかもしれませんが、仮想通貨トレードに関していえば一概にそうとは言えません。
なぜならそもそも仮想通貨という慣れないものをこれから扱っていこうとするときにサイトの使い方すらわからないのであればそもそも慣れることも難しくなるためです。
使い勝手が良いというのはそれだけで評判を大きく上げるだけの要因となり得ます。

また、Coincheck(コインチェック)の利便性と評判の高さは何もサイトの使いやすさだけに裏打ちされたものではありません。Coincheck(コインチェック)は現時点で13種類の仮想通貨を取引することができますがこれは業界最多といって良い数です。恐らく国内取引所最大手は地上波CMも流しているbitFlyer(ビットフライヤー)でしょうが、そのbitFlyer(ビットフライヤー)と比較してもほぼ倍に近い数の仮想通貨を取り扱っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)よりも評判が高い!というわけではないですが低いというわけでもありません。業界全体で見たときにCoincheck(コインチェック)の評判が高いのも頷けるというものです。仮想通貨は一度購入してみたらわかりますが一つ買ったら次の仮想通貨にも手を出してみたくなるものです。

特に仮想通貨投資で儲けようと思ったらとてもじゃありませんがbitcoin(ビットコイン)だけでは数が足りません。アルトコインも含めて取り扱うことのできる仮想通貨は多いに越したことはないのです。これらのことからCoincheck(コインチェック)は初心者から中級者にまで、多くの人から高い評判を得ています。

Coincheck(コインチェック)はそのセキュリティの高さからも高い評判を得ています

安心、安全でおなじみの交換所といえばbitFlyer(ビットフライヤー)を思い浮かべるかもしれません。
bitFlyer(ビットフライヤー)がウォレットへのハックに対して補償制度を打ち出しているのは有名な話だからです。
ですが補償サービス、セキュリティでいえばCoincheck(コインチェック)も決して負けていません。

国内取引所をセキュリティ面における評判で比較調査してみるとCoincheck(コインチェック)は非常に上位に位置していることが分かります。
なぜCoincheck(コインチェック)のセキュリティはここまでの高い評判を獲得しているのでしょうか?

Coincheck(コインチェック)は国内ではまだ珍しい二段階認証セキュリティを導入している数少ない取引所になります。
私の知っている限り二段階認証セキュリティを導入している登録取引所は片手の指で数える程度しかありません。
今やただのパスワードには何のセキュリティ効果も無いといわれている現代においてこの二段階認証設定ができるかどうかは非常に大きなポイントであるといってよいでしょう。
セキュリティの緩い取引所に預けるくらいであればウィルス対策を何もしていない自分のHD上にあるソフトウェアウォレットにbitcoin(ビットコイン)を保管しておいた方がまだマシというものです。そのくらい二段階認証設定のできない交換所は当てにすることができません。

先程Coincheck(コインチェック)は補償サービスにおいてbitFlyer(ビットフライヤー)に勝るとも劣らないと述べましたが、Coincheck(コインチェック)ではこの二段階認証を設定しておくことで不正ログインがあった場合に最大で100万円分のbitcoin(ビットコイン)を補償してもらうことができます。
補償金額で比較した場合bitFlyer(ビットフライヤー)に少しだけ劣ってしまいますが、それでも100万円という金額は十分な数です。
今は大体1BTCあたり100万円の価値がありますので1BTCまでの投資であれば全額補償してもらえることになります。
補償を受けるには必ずに段階認証設定を施しておく必要があるのでその方法だけはしっかりと把握しておきましょう。

Coincheck(コインチェック)はセキュリティの面からみてもかなり評判の良い取引所なのです。

Coincheck(コインチェック)の経営者が仮想通貨の第一人者である和田晃一良!

Coincheck(コインチェック)は利便性、セキュリティ、サポートといった多角的な面から兼ね良い評判を得ているということが分かって頂けたかと思いますがそんなCoincheck(コインチェック)を経営しているのは知る人ぞ知る仮想通貨の第一人者である和田晃一良さんです。
この方はtwitterで積極的に情報を発信しているだけでなく、書籍の発売や学校で仮想通貨についての講義を行ったりと昔から積極的に仮想通貨の発展に関与してきた人物です。

私も昔bitcoin(ビットコイン)を初めて購入するにあたってこの方にbitcoin(ビットコイン)の現在の価格について、また今後について質問をしたことがあります。
twitterを使ってのいきなりの質問だったにも関わらず非常に丁寧に答えてくれたことは今でも良く覚えています。
経営者によって取引所を選択する人は恐らく少ないかと思いますが、私個人としてはこの人が経営者というそれだけでCoincheck(コインチェック)は評判が高くてしかるべきだと考えています。

また、私はこの人のことをよく知っていますが、知らない人からみても経営者の顔がみえて、且ついつでもコンタクトすることができるというのは怪しい感じがしなくて好印象なのではないでしょうか。
少なくとも経営者の顔も分からず、また経営者が普段何をやっている人なのかも分からない取引所よりかはよっぽど安心感があるように思えませんか?

多角的な面からCoincheck(コインチェック)は高い評判を得ていると述べましたが、それを支えているのは他ならぬこの経営者の存在です。
恐らくこの日となしではここまでCoincheck(コインチェック)の評判が高くなることもなかったのではないかと思われます。

Coincheck(コインチェック)のメリットとデメリットは?

メリットとデメリット

Coincheck(コインチェック)は他の仮想通貨取引所の比べても非常に利用者に対する配慮やサービスが整っている取引所と言えます。

しかし、一般的に評判の良いCoincheck(コインチェック)にも他の取引所と比べて無視ができないメリットとデメリットが存在するのです。

そこで、この項目ではCoincheck(コインチェック)を利用する上でのメリットとデメリットを詳しくご紹介します。

Coincheck(コインチェック)の3つのメリット

アルトコインの種類が豊富

なんどもお話ししていますが、Coincheck(コインチェック)を使うメリットとして一番最初に挙げられるのがアルトコインの種類の豊富さです。

イーサリアム(ETH)、イーサリアム・クラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、bitcoin(ビットコイン)キャッシュ(BCH)、ネム(NEM/XEM)、リップル(XRP)、リスク(LSK)、モネロ(XMR)、ファクトム(FCT)、オーガー(REP)、ダッシュ(DASH)、ジーキャッシュ(ZEC)の12種類の内、リスク(LSK)、モネロ(XMR)、ファクトム(FCT)、オーガー(REP)、ダッシュ(DASH)の5種類は日本国内取引所だけで言えばCoincheck(コインチェック)でしか購入する事が出来ません

それだけ豊富な品揃えをしている取引所と言う事なんです。

またCoincheck(コインチェック)のみで扱っているアルトコインも決してマイナーコインではなく、世界的に見ればこれから伸びる可能性のある銘柄ばかりというのもポイントです。

Coincheck(コインチェック)独自のサービスが豊富

Coincheck(コインチェック)は他の取引所にはない独自のサービスと提供している事でも有名な取引所です。

代表的なものですと、「Coincheckでんき」「貸仮想通貨サービス」「Coincheck payment」が挙げられます。

「Coincheckでんき」とは電気代の決済をbitcoin(ビットコイン)で支払える、またはbitcoin(ビットコイン)で還元してもらえるサービスです。

bitcoin(ビットコイン)で電気代を支払った場合は通常の電気代から1~7%お得になり、bitcoin(ビットコイン)還元サービスを利用すると日本円で支払った金額の1~7%をbitcoin(ビットコイン)で還元して貰えます。どちらにしても電気代が安くなるので非常にお得なサービスと言えるでしょう。

「貸仮想通貨サービス」ですが、これはその名の通り自分の所有する仮想通貨を貸し付けるサービスです。イメージとしてはSBI証券の貸株制度の仮想通貨版です。

簡単に言うと個人がCoincheck(コインチェック)に仮想通貨を一定期間貸し出す事によって、利子が貰えるサービスです。最大年利が5%と凄い数字のサービスなのですが、弱点もあります。

貸付中に仮想通貨の価値が大暴落したとしても損切りできないのです。貸し付ける期間は14日、30日、90日、365日の4つからしか選ぶ事が出来ず、この期間中に何が起こっても手放す事が出来ません。何も起こらなければ非常に良いサービスと言えますが注意が必要です。

最後に紹介する「Coincheck payment」は、店舗や個人EXサイトにbitcoin(ビットコイン)決済を提供するサービスです。

基本料金は無料で、決済手数料も販売価格の1%と安く現実世界とbitcoin(ビットコイン)をグッと縮めるサービスとして非常に高い評価を受けています。

Coincheck paymentは4000店舗以上の導入実績があり、DMM.comなどでも導入されています。

今後はリクルートライフスタイルが展開しているAirレジでもCoincheck paymentが導入され、Airレジを導入している約26万店舗で今後bitcoin(ビットコイン)が使えるようになるかもしれません。

仮想通貨損失被害補償サービスが開始予定

Coincheck(コインチェック)は仮想通貨損失被害補償サービスの提供を予定しています。

二段階認証を設定している人限定の補償サービスですが最大100万円の補償が予定されています。

またbitFlyer(ビットフライヤー)が不正出金(日本円での出金)を補償するのに対してCoincheck(コインチェック)は不正出金(日本円での出金)に加え、通貨送金(仮想通貨が送金させられた)場合においても補償すると発言しています。

2018年1月現在、まだ提供されていないサービスですが、近いうちに開始される事でしょう。

Coincheck(コインチェック)の3つのデメリット

アルトコインの取引所が無い

Coincheck(コインチェック)は日本最多のアルトコイン取扱取引所ですが、なんと販売所のみでアルトコインの取引所がありません。

取引所はbitcoin(ビットコイン)のみです。

日本国内で唯一取り扱っている銘柄を複数販売しているCoincheck(コインチェック)で取引が出来ないという非常に残念な状態なのです。

もしCoincheck(コインチェック)で取り扱っているアルトコインの取引がしたいと言う事であれば海外の取引所を利用した方が良いというのが本音です。

中国の取引所のbinanceは日本語にも対応しており手数料も安く、アルトコインの取り扱い銘柄数も100を越えていますので、そちらを利用した方が良いでしょう。

アルトコインの手数料(スプレッド)が高い

Coincheck(コインチェック)は販売所を利用したアルトコインの売買手数料(スプレッド)が他の取引所と比べてやや高めです。

前項でも記載していますが、Coincheck(コインチェック)にはアルトコインの取引所がありません。

つまりアルトコインを購入する際はCoincheck(コインチェック)から買う事しか出来ず、またアルトコインを売却する際もCoincheck(コインチェック)に売る事しか出来ません。

そのCoincheck(コインチェック)のアルトコインの手数料(スプレッド)は相場価格から、買う場合3~4%高い値段売る場合3~7%安い値段で取引する事になります。

と言う事はアルトコインを購入したとしても10%以上値上がりしなければ儲ける事が出来ないと言う事です。

ユーザー間での取引がしたいと言うことであれば取引所がないCoincheck(コインチェック)でアルトコインを運用する必要はまったくないのです。

銀行振り込みの反映が非常に遅い

Coincheck(コインチェック)は住信SBIネット銀行、りそな銀行以外の銀行からの送金が非常に遅い事で問題になっています。

その時間は最短で数時間、最長で数日とさえ言われています。

どうせ、営業時間外に振り込んだんだろう?なんて思うかもしれませんが営業時間中でさえ数時間の間、入金が反映されないなんて事もザラなのです。

住信SBIネット銀行、りそな銀行の口座を持っていない方でアルトコインを扱いたいと言う方がCoincheck(コインチェック)に拘る必要は正直言ってありません。

Coincheck(コインチェック)は仮想通貨初心者にオススメの取引所!

Coincheck(コインチェック)の特徴と一緒にその評判をこれまで紹介してきましたが、総合的に見てみるとCoincheck(コインチェック)は仮想通貨初心者からの評判が特に高いということがわかりました。
サイトの使いやすさや扱うことの出来る通貨の多さなど、目に見えてわかりやすい利点を求める初心者の方にとってCoincheck(コインチェック)はこれ以上ない便利な取引所なのかもしれません。

また、上では紹介しませんでしたがCoincheck(コインチェック)はモッピーというポイントサイトとも連携を行っており、ゲーム感覚でbitcoin(ビットコイン)を貯めることができるサービスも展開しています。
モッピーのアプリをスマホにダウンロードしておけば出先であってもbitcoin(ビットコイン)を稼ぐことができます。モッピーで貯めたbitcoin(ビットコイン)はそのまま貯めておいてもいいしCoincheck(コインチェック)の機能を使って取引に使うことも可能です。
こういった遊び心を忘れないところも恐らくCoincheck(コインチェック)の高い評判につながっているのでしょう。

ですがその半面頻繁に取引を行うような中級者から上級者からの評判はあまり良くないことも分かりました。
とにかくたくさん取引して資産を増やしたい少し慣れた人達にとってCoincheck(コインチェック)の手数料の高さはちょっとした枷になってしまっているようです。

しかし、仮想通貨をこれから始めようと思っている初心者にオススメの取引所である事は間違いありません。取引に慣れるまではCoincheck(コインチェック)の見やすいデザインのチャートやアプリを利用し、仮想通貨に慣れてきたらZaif(ザイフ)や海外の取引所など複数の取引所に登録すると良いでしょう。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!