中国規制当局が124もの海外仮想通貨取引所をブロック

中国規制当局が124もの海外仮想通貨取引所をブロック

中国の金融規制当局の報道を扱う上海証券タイムズの報道で国内からアクセス可能で海外IPアドレスを利用する124の仮想通貨取引所を特定し、国内からのアクセスをブロックする方針であることが明らかになりました。

中国の厳しい規制

中国では2016年に国務院によってフィンテックリスク対策局が設置され、仮想通貨取引などに関連した機関として機能しています。今後、中国国内から海外仮想通貨取引プラットフォームのIPアドレスへのアクセスを監視してブロックを行う予定です。
現在、既にブロックされている取引所では…

  • Binance(バイナンス)
  • OKEx
  • Bitfinex(ビットフィネックス)

上記の主要取引所へのアクセスが中国のIPアドレスは使用出来ないようになっています。

2017年9月には、中国人民銀行がICOと仮想通貨を禁止する規制を明らかにし、中国を拠点としていた主要な仮想通貨取引所の多くは海外へと拠点を移しています。
更に、決済サービスを提供する企業と連携し、仮想通貨に関与していると見られるアカウントの停止まで求めるとの報道もあります。

Ripple(リップル)などが中国の13億人を獲得するために動いてはいるようですが、まだまだ中国の規制は厳しくなっていきそうですね。

Ripple(リップル)が中国13億人獲得へ本格的に動き出す

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です