業界国内最大手は伊達じゃない!bitFlyerの評判について

業界国内最大手は伊達じゃない!bitFlyerの評判について

恐らく仮想通貨の取引所を一つ選ぼうとした時に真っ先に選択肢に上がるのがbitFlyer(ビットフライヤー)ではないでしょうか。
日本国内には20を超える取引所の登録業者がありますがbitFlyer(ビットフライヤー)はその中でも最初に誕生した最も利用者の多い最大手の取引所になります。

ここではそんなbitFlyer(ビットフライヤー)の取引所の評判についてまとめて紹介させていただきます。

bitFlyerは日本で最初に誕生した取引所!

取引所名
株式会社bitFlyer
取引所URL
https://bitFlyer.jp/
代表取締役
加納裕三
所在地
東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8F
取扱仮想通貨
ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアム・クラシック(ETC)、
ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)
取扱通貨
日本円
ビットコイン取引手数料
0.15%(2018年1月現在)

bitFlyer(ビットフライヤー)は日本最大の仮想通貨の取引量、ユーザー数を誇る取引所であり、日本で最初に設立された国内取引所です。

またbitFlyer(ビットフライヤー)はベンチャー系企業の多い仮想通貨取引所の中でもずば抜けた資本金を誇っており安定・安心を重視する仮想通貨ユーザーに多大な評価を受けています。

補償を始めとした多くのサービスが充実しており、またサイトデザインもシンプルでわかりやすいためbitcoin(ビットコイン)の取引初心者からの評判も良好です。
実際に利用している仮想通貨ユーザーの口コミを見てもその評判の高さが伺えるかと思います。

実際仮想通貨取引所の利用を「なんとなく怪しいと感じるから」という理由で避ける人が非常に多いのが現実ですが。bitFlyer(ビットフライヤー)はその拭うことの難しい怪しさや不安をうまく払拭することに成功しています。そしてそれ故に今の高い評判を獲得しているのです。

細かい紹介に入る前にbitFlyer(ビットフライヤー)の特徴をザックリまとめましたのでご覧ください!

bitcoin(ビットコイン)の取引量が国内最大!

bitcoin(ビットコイン)の取引量が国内最大!

bitcoin(ビットコイン)の取引量が国内で最大の取引所です。

仮想通貨をするならbitcoin(ビットコイン)一択!という人にはオススメです。
またbitFlyer(ビットフライヤー) Lightningという取引ツールも優秀でチャートも見やすくbitcoin(ビットコイン)を始めたい仮想通貨初心者にオススメの取引所です。

さらにサーキットブレーカーという急激な価格変動が起きた際に取引所が強制的に値幅制限や取引を中断させる制度が採用されています。詳しくは後述します。

優れたセキュリティ

biFlyerはセキュリティが厳重な事でも有名です。

基本的なセキュリティに関しては勿論、不正パスワード入力の際のアカウントロックや自動タイムアウト、マルチ・シグネチャが使われ24時間監視されています。

またNASAでも使用されているDigiCertと言われる次世代暗号システムを採用しています。

資本力が日本トップクラス

bitFlyer(ビットフライヤー)は他の取引所の追随を許さない程の資金力を持っています。

bitFlyer(ビットフライヤー)は多くの大企業から多額の出資を受けています。特に銀行や金融機関から多くの出資を受けており、資金調達の面だけから見てもbitFlyer(ビットフライヤー)が良質な取引所として期待されている事が分かります。

また資金が多いと言う事は倒産のリスクが少ないと言う事でもあります。

仮想通貨損失被害補償サービスがある

bitFlyer(ビットフライヤー)は不正ログインや盗難による損失補償サービスを提供しています。

この損新被害補償サービスは仮想通貨取引所が増えている現在でもbitFlyer(ビットフライヤー)とCoincheck(コインチェック)の2社だけです。

補償額に上限はありますがCoincheck(コインチェック)は最大100万円、bitFlyer(ビットフライヤー)は最大500万円と業界最大となっています。

代表取締役が日本ブロックチェーン協会の代表理事

bitFlyer(ビットフライヤー)の代表取締役の加納裕三氏は日本最大の取引所を運営すると共に日本ブロックチェーン協会の理事でもあります。

2016年には独自開発したブロックチェーン「miyabi」を発表しており、今後の仮想通貨業界を牽引していく人物です。

そんな仮想通貨業界の未来を担う加納裕三氏が運営する仮想通貨取引所がbitFlyer(ビットフライヤー)なのです。

bitFlyer(ビットフライヤー)は最も安心感の高い取引所!

bitFlyer(ビットフライヤー)は最も安心感の高い取引所!

bitFlyer(ビットフライヤー)は頻繁に求人広告を出すことでもよく知られています。
求人内容を見てみると高度な人材を良い待遇で迎えることを目的としているようですね。
高待遇ということもあってか評判も良く、転職先として非常に評判が良いbitFlyer(ビットフライヤー)の求人は求人サイトに載った翌日に募集を締め切っているなんてこともあるくらいです。

先程bitFlyer(ビットフライヤー)の評判は怪しくないクリーンな空気に支えられていると述べましたが、こういった転職先としての評判の高さもまたクリーンな空気の形成に一役買っているのでしょう。bitFlyer(ビットフライヤー)はサイト広告だけでなくテレビcm流した国内初の取引所なのでその規模の大きさを想像することができるかと思いますが実際業界最大手であるbitFlyer(ビットフライヤー)は電通デジタルホールディングスや三菱UFJキャピタル、三井住友海上キャピタルといった名だたる大企業から出資、投資を受けておりその会社の規模は計り知ることができません。

また、盗難被害などに対する補償制度を行っている取引所は多くありません。
その中でbitFlyer(ビットフライヤー)が補償制度を打ち出すことができるだけの資金力を持っているというのもbitFlyer(ビットフライヤー)に出資している企業の名前を見れば納得できると思います。

そしてbitFlyer(ビットフライヤー)は仮想通貨取引所でも数少ないサーキットブレーカー制度を導入している仮想通貨取引所です。
サーキットブレーカーというのは、値動きが極端に変動した際に取引を強制的に停止して、投資家に冷静になってもらう目的で設けられた制度です。
取引市場では売りが売りを読んで下落が止まらなくなることがあるので、行き過ぎた下落を防ぐために考え出された制度なんです。
実際にbitFlyerFXにて2017年11月29日に国内仮想通貨取引所初のサーキットブレイクが発動しています。巻き込まれないに越した事はありませんが、投資家を守る安全装置の役割を担う制度が導入されているのです。

さらにbitFlyer(ビットフライヤー)の安心感を底上げしている要因になっているのが、地上波cmにも登場する女優の成海璃子です。
顔の知れた女優がイメージキャラクターとして支えているという事実は見る人に大きな安心感を与えるきっかけになりえます。
TVCMを流している取引所は多くありませんが、それもそのはずTVCMは審査条件が厳しいことで知られており地上波にCMを流すということはそれだけで一定の安心感が約束されたということでもあります。
地上波でcmを流すということは私達が知っている、思っている以上に大きな安心感を見る人に与えることができるのです。

手数料から見るbitFlyerの評判とは?

仮想通貨取引所を利用する上で一番気になるのは手数料ではないでしょうか?
仮想通貨で少しでも儲けたい人にとって一番最初の壁であり、避けては通れないのが手数料です。

仮想通貨事体の送金にかかる手数料は無料になるはずですが取引所によっては一定額徴収するところも多く、またその額も大きく異なります。
少額であれば気になりませんがあまりにも大きくなると取引事体を躊躇する理由にもなりかねません。

そんなbitFlyer(ビットフライヤー)の手数料の価格は他取引所に比べると決して高くはありませんが別段安くもありません。Coincheck(コインチェック)やGMOなどといったところと比較すると少々高いように思われます。

しかし、それにも関わらずbitFlyer(ビットフライヤー)の手数料に関する評判はそれほど悪くは無いのです。
手数料だけで評判が決まるのであればbitFlyer(ビットフライヤー)の評判はそれほど高くはないはずですし、むしろ評判は低くなるはずなのですがここまで説明してきたとおりbitFlyer(ビットフライヤー)の評判は決して悪くありません。なぜなら手数料に見合っただけのサービスが提供されているからです。

手数料にこだわるがあまり仮想通貨をサービスの悪い取引所で購入することは、あまり褒められた方法でないことは分かるかと思います。小さな手数料を優先するがあまり大金を投資した仮想通貨を失うことになっては元も子も無いからです。
bitFlyer(ビットフライヤー)は評判に見合っただけのサービスを提供しており、また手数料事体も高すぎるというわけでは決して無いのでこんなもんと割り切ってbitFlyer(ビットフライヤー)を利用してみてはいかがでしょうか?

bitFlyerを使うメリットとデメリットは?

メリットとデメリット

bitFlyer(ビットフライヤー)の安心感や知名度、資本力をみるとbitFlyer(ビットフライヤー)以外を選択する余地が無いように見えますが、そんなことはまったくありません。

仮想通貨取引所というのはベンチャー系の企業が多い事は、この記事の最初の方で少し触れましたがbitFlyer(ビットフライヤー)のように安全性と知名度を売りにした取引所に負けないようなサービスを提供している場合が多いんです。

そこで今一度bitFlyer(ビットフライヤー)を利用するメリットとデメリットについて詳しくご紹介します。

bitFlyerの4つのメリット

セキュリティが強い

この記事の最初にも少しお話ししましたが、非常に厳重なセキュリティに守られているので他の取引所と比べて安心感が段違いです。

DigiCertによる世界最高強度の暗号化がされており、入出金に関してはなんと人が確認しているそうです!

さらにマルチ・シグネチャにより、安全な取引とbitcoin(ビットコイン)の送金を実現しています。

マルチ・シグネチャというのはコインを送金する際、「秘密鍵」と呼ばれる暗号技術で作られたキーで鍵をかけて受け取る側以外に盗まれないようにするのですが、その秘密鍵を通常1つの所を複数用意し3つの内2つ揃えば送金する事ができるという技術です。

秘密鍵が1つ漏えいしても、もう1つの秘密鍵が分からなければ送金する事が出来ない為、セキュリティを高める事が出来ます。現在の仮想取引所で良く採用されている技術ですが採用されていない取引所もあるので注意しましょう。

またbitcoin(ビットコイン)の入金確認に必要な承認が約6確認と業界内でも最大の承認回数となっています。確認数が多くなるほど改ざんのリスクが小さくなる半面、1確認に約10分程かかってしまう為、利便性よりも安全性を重視している事が分かります。

もしもの時の仮想通貨損失被害補償がある

これは非常に嬉しいサービスです。そもそも数多くある仮想通貨取引所の中でも仮想通貨損失被害補償サービスを提供しているのはbitFlyer(ビットフライヤー)とCoincheck(コインチェック)の2か所だけです。

補償の内容もbitFlyer(ビットフライヤー)とCoincheck(コインチェック)で違いがありbitFlyer(ビットフライヤー)は不正ログインされ、自分以外に銀行口座に出金された場合の補償です。

最大500万円とCoincheck(コインチェック)の最大100万円に対して大きな差をつけています。

しかし問題点もあり、不正な日本円出金のみの補償となり、仮想通貨で出金された場合は対象外になるので注意が必要です。

bitFlyer経由でbitcoin(ビットコイン)決済と便利な店舗が増えている

現在投機目的で取引される事が多い仮想通貨ですが、bitcoin(ビットコイン)とモナコインに関しては日本国内で決済できようになってきました。

モナコインは秋葉原やオタクカルチャーでの使用が目立ちますがbitcoin(ビットコイン)に関してはビックカメラでの取り扱いも始まり使える通貨として着実に定着してきています。

そんなbitcoin(ビットコイン)の国内最大の取引量を誇るbitFlyer(ビットフライヤー)のウォレット使った決済をすると手数料を安く抑えられる店舗が増えています。

しかし仮想通貨での決済を取り扱っている店舗ごとに手数料が安くなるウォレットが違う場合があるので注意が必要です。

bitcoin(ビットコイン)が無料で貰える

bitFlyer(ビットフライヤー)にはbitcoin(ビットコイン)は無料で貰えるログインボーナスやサービスが充実しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)内には「bitcoin(ビットコイン)をもらう」という項目があり、様々なショッピングサイトへのリンクが貼ってあります。

そこにあるバナーをクリックして、各ショッピングサイトで商品を買うと購入した金額の0.6%がbitcoin(ビットコイン)に換算されて返ってくるんです。

他にもbitFlyer(ビットフライヤー)経由でクレジットカードを作ったり、各種無料サービスに加入する事でbitcoin(ビットコイン)が貰えます。

bitcoin(ビットコイン)を買ってみたいけど直接お金を払うのは嫌!と言う方にオススメです。

bitFlyerの3つのデメリット

アルトコインの取引には向かない

bitFlyer(ビットフライヤー)が扱っている仮想通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアム・クラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、bitcoin(ビットコイン)キャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)の6種類だけあり有名コインの取り扱いが多く、これから伸びてくるような規模の小さいコインの取り扱いが殆どありません。

bitcoin(ビットコイン)以外を仮想通貨に手を出したいのならbitFlyer(ビットフライヤー)を利用するメリットはほぼありません。取引所もbitcoin(ビットコイン)だけとなっており、アルトコインの取引をする事は出来ないのです。

アルトコインやトークンの取引がしたい場合はCoincheck(コインチェック)やZaif(ザイフ)を利用した方が良いでしょう。

販売所の手数料が高い

bitFlyer(ビットフライヤー)は初心者向けのサービスが充実している半面、販売所のスプレッドが広いことでも知られています。

同じ時間帯、同じ相場のアルトコインであっても他社の販売所と比べて大きな差が出る事も多いです。実際に他社の販売所の仮想通貨販売価格に対して5000円以上の差が付いた事もあります。

安心・安全を売りにしている半面、仮想通貨の販売額は高額で、唯一取引所で扱っているbitcoin(ビットコイン)以外で利用するメリットが、ほぼ無い取引所というのが現状です。

アプリが少し使いづらい

bitFlyer(ビットフライヤー)を実際に使ってみて分かったことは一部利用しづらいサービスがあるということです。bitFlyer(ビットフライヤー)は公式アプリを配布している取引所なのですが、そのアプリの操作性がいまいちで正直ストレスを感じてしまいました。
アプリの評価を見ても分かる通りこれは私以外も感じていることのようで公式アプリの評判はハッキリ言ってあまり高くありません。

今評判が高く無いということはこの先の改善によって評判が上がるということでもありますので別の言い方をすれば将来性があるということにもなりますが、なんにせよもしも出先でアプリを使っての取引方法をメインにしようと考えているのであればCoincheck(コインチェック)等、別の取引所を利用したほうがいいでしょう。ですが出先でアプリを使って取引することが滅多に無いのであればこんなことはデメリットの内に加算されません。
fx投資は操作性、また視認性を踏まえると楽天パソコンを使って行うのが一般的です。
投資スタイルによっては、それほど気にするようなデメリットでは無いことが分かります。

安心と安全を求めるのであればbitFlyer(ビットフライヤー)一択です

今回bitFlyer(ビットフライヤー)の評判を調査してみてわかったことはbitFlyer(ビットフライヤー)は業界内で最も安心と安全が保証された取引所だということです。
cmを流すことが出来るだけの資金があり、且つその資金を使って補償制度を打ち出すような顧客に対する企業努力も見せています。

仮想通貨はまだまだ発展途上であり、多くのリスクを抱えた不安定な通貨です。
いつ規制が強化されてその価値が無に帰すのかは誰にもわかりませんしまた盗まれやすいという性質を持っているため日常的に盗難に関する悪いニュースが耳に情報として入ってきます。
そんな不安定な仮想通貨の取扱を任せる仮想通貨の取引所は安心で安全に越したことはありません。
保証制度があるというだけで安心してbitcoin(ビットコイン)を購入することが出来るという人もいるのではないでしょうか。

bitFlyer(ビットフライヤー)のおすすめの利用方法としては仮想通貨を大量に購入した後、自らのサブウォレットにしてしまうというものがあります。
通常取引所に仮想通貨を大量に、また長期的に保管することは推奨されませんがbitFlyer(ビットフライヤー)は安心と安全を売りにしているだけあって補償制度が充実しています。
仮に盗難に合ったケースであっても全額補償されることがあるなど他の取引所と比較した時に仮想通貨を預けている時の安心感が全く違います。

またbitFlyer(ビットフライヤー)は最も多くの人に知られた最大手の取引所なだけあってサイトの使い方が分かりやすくまた検索した時に出てくる情報量の面でも優れています。
仮想通貨にちょっと興味が出てきて、とりあえず少額買ってみたい人なんかは迷わずbitFlyer(ビットフライヤー)を利用してみるとよいのではないでしょうか。

逆にもしも多くの仮想通貨を同時に所持して、取引してみたいといったような利用方法がしたいのであればbitFlyer(ビットフライヤー)は向いていません。
取り扱っている仮想通貨の種類が13種類とさらに多いCoincheck(コインチェック)や複数のアルトコインに加えトークンまで扱っているZaif(ザイフ)を利用する方が理にかなっているといえるでしょう。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!