ビットフライヤー(bitFlyer)に上場!LISK(リスク)の評判や手数料は?

bitflyer-lisk-eyecatch

以前より1月中に新たなアルトコインを取り扱うとしていたビットフライヤーから、1月31日に仮想通貨LISKの上場が発表されました。

これまで国内でLISKが購入できる取引所はコインチェックのみでしたが、そのコインチェックがNEM/XEM流出事件で取引を停止している最中での上場となり、ビットフライヤーにはLISK購入者が殺到することになりました。

ライバル取引所が混乱しているタイミングでの上場はとても理にかなったものと言えます。

この記事では、簡単なLISKの説明や評判について書いて行きます。

ビットフライヤー(bitFlyer)に上場した仮想通貨LISK(リスク)ってどんなコイン?

イーサリアム(Ethereum)と比較されることが多いLISKの特徴について紹介します。

特徴① スマートコントラクト

ビットコインのブロックチェーンは単純にコインを送金して取引の記録を残すものですが、LISKはそれにプラスして契約をプログラムできるという特徴があります。これをスマートコントラクトと呼びます。

例えばコインの送金と同時に「明日、雨が降ったら受信者に100円差し上げます」という契約内容をブロックチェーンに記録したとしましょう。

そして、翌日に雨が降って条件を満たした場合は、受信者に対し100円送金するという契約が自動で行われることになります。つまりプログラミングできる契約という感じです。

これが発展すれば、例えば引っ越しをする場合に「物件」と「入居者」を繋ぐ不動産屋が不要になる…なんて世の中になるかも知れません。中間業者を挟まなければ、その分料金が安くなる可能性もあるのではないでしょうか。

このスマートコントラクトはイーサリアムも同様の機能を持ちますが、LISKでは次に紹介するサイドチェーンという技術を利用しています。

特徴② サイドチェーンで安全性と処理速度の向上

ビットコインもイーサリアムもブロックチェーンという1つの大きなメインチェーンが使用されています。

しかしLISKではメインのブロックチェーンではなく、メインチェーンに繋がった別のところにブロックチェーンを作り記録をつけて行く方法を取っており、これをサイドチェーンと呼びます。

サイドチェーンの運用中に問題が起きても復旧しやすく、問題個所を切り離せるのでセキュリティ能力が向上します。
また、ブロック間の承認がスピーディーになることもメリットと言えるでしょう。

特徴③ Javastript(ジャバスクリプト)で開発。新規参入しやすい

エンジニアであればJavastriptは使いやすく馴染みのあるプログラミング言語かと思います。
このJavastriptでプログラミングできるので、LISKは新規参入しやすく普及しやすいと言えるでしょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)に上場後、LISK(リスク)が一気に高騰!

1月31日にビットフライヤーから上場発表を受けた直後、LISKはグンと値を上げました。
コインチェックの取引停止時期と重なったため、新規の購買層がビットフライヤーに集中したことが原因のひとつでしょう。

このタイミングで日本人の利用者が多い海外取引所バイナンス(BINANCE)でも値が上がったので、日本の仮想通貨市場がいかに影響力を持つか感じられる場面でもありました。
ビットフライヤーさんのホームページよりお借りした下図をご覧下さい。

ビットフライヤー リスク チャート

上場直後は2000円⇒3500円オーバーと50%も高騰しましたが、徐々に値を下げ、2月5日午前中の時点では2300円前後に落ち着いています。このまま2000円前後で落ち着くと思われます。

ビットフライヤーでLISKが上場するという噂は2017年の後半にささやかれており、この上場のタイミングで儲けた人も多いのではないでしょうか。

ツイッター(Twitter)で「前から知ってので稼ぎました!」とツイートして物議をかもしたアカウントもあったのでご存知の方も多いと思います。いわゆるインサイダー取引ですね。

仮想通貨ではインサイダー取引が禁止されていないので、しばらくはこのように事前に情報を仕入れる人は大金を稼げる…という状況が続きそうです。

LISKが次に高騰するタイミングは?

以前からLISKは2018年2月20日にリブランディングすると明言しているので、このタイミングで値を上げる可能性があるかと思います。

大幅なリニューアルやアップデートに注目している関係者も多いのではないでしょうか。

過去に仮想通貨NEOやVerge(XVG)もリブランディング後に高騰しています。LISKにも同じ期待が持てる可能性があるので、購入を考えている人は参考に検討してみて下さい。

LISK(リスク)は買いか?ビットフライヤー(bitFlyer)の気になる販売手数料(スプレッド)

コインチェックが取引を停止している現在、国内でLISKを購入できるのはビットフライヤーのみとなります。

ただしビットフライヤーではスプレッドが高いのがネックで、2月5日午前中の時点ではスプレッドに270円の開きがあり、購入価格の約11%となっています。

ビットフライヤー リスク スプレッド

上場直後は一時500円ほど開きがあったので落ち着いた方ですが、それでもちょっと高いなぁというのが正直な印象ではないでしょうか。

このスプレッドがビットフライヤーの販売手数料(儲け分)で、これは取引手数料とは別に掛かる料金です。

個人的にはLISKが今後値上がりすると思っていますが、ビットフライヤーでのスプレッドを考えると国内で購入するのは待った方が良いのではないでしょうか。

今後国内でもLISKを取り扱う取引所が増えれば状況は変わってくると思いますが、現段階でLISKの購入は海外取引所を利用した方がお得です。

LISKを海外取引所で買うにはどうすれば良い?

海外の取引所であればバイナンス(BINANCE)がおすすめです。
中国の取引所で2017年にできたばかりですが、取引高世界1位で最大の取引所となっています。

販売手数料は掛からず、取引手数料もビットフライヤーに比べて低い数字になっています。

日本語にも対応しているので、あまり迷わず使えると思います。
すぐにでもLISKが欲しい人はバイナンスでの購入も検討してみて損はないでしょう。

結論!LISKを買うならビットフライヤーよりも海外取引所がベター

現時点では、LISKを買うならスプレッド(販売手数料)の高いビットフライヤーよりも、海外の取引所を使う方が良いと思います。

2月20日のリブランディングを控え動向が気になるLISKですが、取り扱う国内の取引所が増えればスプレッドの問題も解決するかも知れませんし、国内でLISKを買うのはしばらく様子見が良いのではないでしょうか。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!