ビットコインが10年後に存在するか?欧州10ヶ国、1万人の回答を公開

ビットコインが10年後に存在するか?欧州10ヶ国、1万人の回答を公開

ビットコインの将来性は?

何かと最盛期と比較され、その度に落ち目とも称されるビットコインですが仮想通貨の将来性について海外の人はどのように思っているのでしょうか。

10年後の仮想通貨をEUの人々はどう思っているか

仮想通貨取引所「bitFlyer Europe」が欧州10カ国を対象に仮想通貨に関する調査を行ったところ、回答者の約63%が「仮想通貨の将来性」に対して肯定的な見解を示していることがわかりました。
調査対象となった国はイギリス、ベルギー、デンマーク、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、スペインの欧州10カ国で、「10年後に仮想通貨はまだ存在しているか」との質問に対しEU全体で63%が肯定的な回答を示しました。
その中でも最も肯定的な回答の割合が高かったのがノルウェーで73%、逆に最も肯定的な回答が少なく仮想通貨に対して否定的にとらえていたのがフランスで55%でした。最も否定的なフランスにおいても肯定的な見解が過半数を超えており、EUが全体で仮想通貨の将来性に対して肯定的な考えを示していることが明らかとなりました。

10年後のビットコインに対してはどう思っているか

「10年後にビットコインが存在すると思うか」との質問に対しては「存在すると思う」と答えた人の割合がEU全体で約49%先程の質問と打って変わって否定意見のほうが多いことが明らかになっています。
さらに「ビットコインが10年後、通過として広く社会に普及するか」との質問に対しては肯定的な意見がEU全体で6%と非常に低く大多数がビットコインに対して否定的な見解を持っていることが明らかになりました。

調査会社の見解は

これを受けて調査を行ったbit FlyerのCOO、Andy氏は「仮想通貨が投機的なものから、より確固とした市場へと移行したことの証明」だとしており、仮想通貨の将来性について多くの人が肯定的意見を示したことを偉業だと評価しています。

ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ビットコイン運営局です! 初心者に対しても分かりやすいビットコインに関する情報を提供出来るように日々頑張っています。 宜しくお願い致します!