bitcoin(ビットコイン)専用の財布!ウォレットについて紹介します

ビットコイン専用の財布!ウォレットについて紹介します

この記事ではそれぞれのbitcoin(ビットコイン)ウォレットの基礎知識、作り方を始めにまず紹介し、次にウォレットの特徴を比較最後に用途別におすすめしたいウォレットの紹介といった具合にウォレットを徹底解説させていただきます。

ウォレットの特性を理解して用途に応じて使い分けよう

bitcoin(ビットコイン)ウォレットとはなんでしょうか?
現実通貨を保存するために私達はお財布や口座、金庫などを利用していますが仮想通貨であるbitcoin(ビットコイン)におけるそれらがウォレットと呼ばれるものです。
直訳すると財布となりますが、まさにbitcoin(ビットコイン)にとってのお財布がウォレットです。

ウォレットにはデスクトップウォレットを始めとして、モバイルウォレット、ハードウェアウォレットといった具合に複数のタイプが存在しそれぞれ異なった特徴を持っています。
ウォレットにbitcoin(ビットコイン)を保存する上で大切なことはそれぞれのウォレットの持つ特徴を正しく理解した上で用途に応じて適切に使い分けるということです。

コンビニでお買い物をするために金庫にお金を入れて持ち運ぶ人はいませんよね?
同時に小さなお財布を使って巨額の財産を保存しようとする人はいないはずです。
巨額の財産を保存するのであれば銀行口座のような場所が最もふさわしいでしょう。

bitcoin(ビットコイン)におけるウォレットの使い方もこれと殆ど同じ考え方で構いません。
ただそれが現実通貨を保存するためにあるものなのか、仮想通貨であるbitcoin(ビットコイン)を保存するためにあるものなのかという違いだけなのです。

bitcoin(ビットコイン)を保存するウォレットについての基礎知識とその作り方

まずはウォレットの基礎知識について解説します。
ウォレットとは私達のbitcoin(ビットコイン)を保存しておくべき仮想空間です。
一概に仮想空間といってもその形は様々でデスクトップPC上にインストールして使用するソフトウェアウォレットやオンライン上にあるオンラインウォレット、ウェブウォレット、紙媒体のペーパーウォレット等本当に多種多様な形式が存在します。

前提知識としてbitcoin(ビットコイン)は盗むことが可能な通貨であるということはご存知ですか?
私達はウォレットにbitcoin(ビットコイン)を保存するわけですが、当然ウォレットの種類に応じて盗みを働く泥棒に対するセキュリティレベルが異なります。
現実通貨でいうところの革財布と金庫を比較するようなものですね。

ウォレットはbitcoin(ビットコイン)を保管し、取引に使うのであれば必ず必要になるものです。
ウォレットがなければ取引を行うことなどできません。
私達が普段利用しているbitcoin(ビットコイン)の取引所もいってしまえば大きなウォレットを所有しており、そこに預かったbitcoin(ビットコイン)を保存しているのです。
bitcoin(ビットコイン)を保管する場所、できる場所が全てウォレットでありウォレットに決まった形は無いと考えたほうがウォレットについて知っていく上で都合がいいかもしれません。

さて、そんなbitcoin(ビットコイン)の保管場所であるウォレットの作り方ですが、それはウォレットの形式によって異なります。
ソフトウェアウォレットの場合ソフトウェアをダウンロードした後インストールをすることを指しますが、ウェブウォレットの場合ウェブサイト上で使えるアカウントを登録、作成し、口座開設をつくることを指しています。

またハードウェアウォレットの作り方とは代理店にウォレットの作成を依頼することであるといってよいでしょう。
bitcoin(ビットコイン)ウォレットの種類の数だけ多様な作り方があるわけです。

ウェブウォレット、モバイルウォレットには多額のbitcoin(ビットコイン)を保存してはいけない

ウォレットの中でもオンライン上にあるウェブウォレットやスマートフォンにアプリをインストールして使用するモバイルウォレットには失って困るような多額のbitcoin(ビットコイン)を保管してはいけません。
その理由は簡単で、「いつどんなトラブルが起きて保存していたbitcoin(ビットコイン)が消滅してもおかしくないため」です。

まずはウェブウォレットから見ていきましょう。

ウェブウォレットとは

ウェブウォレットとは別名オンラインウォレットとも呼ばれ、オンラインウェブ上にあるウォレットサービスのことを指します。

取引所として有名なコインチェックなんかもオンラインウォレットに該当します。
保管には少額の手数料がかかってしまいますがウェブウォレットにbitcoin(ビットコイン)を保管しておくことでインターネットに接続できる環境にあるコンピュータなら媒体を選ばずアクセス出来るという優れた特徴を持っています。

ウォレットidとは口座のこと、口座の開設、また設定も非常に簡単で誰であっても使いやすいという利便性も兼ね備えた優れたウォレットです。

ウェブウォレットは確かに優れたウォレットなのですが、それだけかというとそういうわけではありません。
ハードウォレットやソフトウェアウォレットと比較すると安全性に乏しいということをウェブウォレットにbitcoin(ビットコイン)を保管し始める前にしっかりと把握しておく必要があります。

クラッカーによるクラッキング、若しくはサイト管理者の都合によっていつウェブウォレットに保管しておいたbitcoin(ビットコイン)が使えなくなってもおかしくはないためです。
ウェブウォレットに多額のbitcoin(ビットコイン)を保管することは避けたほうが良いでしょう。

モバイルウォレットとは

次にモバイルウォレットですが、これを利用すればスマートフォン上にbitcoin(ビットコイン)を入れて持ち運ぶことが出来ます。
bitcoin(ビットコイン)を使ってビックカメラなどのお店でお買い物をしたい場合はモバイルウォレットを利用するのが最も一般的となっています。

モバイルウォレットもやはりウェブウォレットと比較すると多少セキュリティは高いもののそれでもやはり安全面に不安があると言わざるを得ません。
腕の立つ第三者からのクラッキングによって容易にbitcoin(ビットコイン)が盗まれてしまう可能性があります。

ウェブウォレット同様モバイルウォレットにも多額のbitcoin(ビットコイン)は保管せず、その日の買い物の支払いで必要になる少額をあらかじめチャージするなどして少額の保管にとどめておくとよいでしょう。

長期的なbitcoin(ビットコイン)の保管にはソフトウェアウォレットやペーパーウォレット!

自らの資産として多額のbitcoin(ビットコイン)を保管したいのであればソフトウェアウォレットやペーパーウォレットがおすすめです。

ソフトウェアウォレットは自らのHD内にbitcoin(ビットコイン)を保管するある意味もっとも基本的なウォレットですがその分セキュリティの拡張性が高くやる気次第でいくらでもセキュリティを高めることが可能です。
とはいえやはりインターネット上につながっているPCはどれだけセキュリティを高めたところで常に盗難のリスクと隣合わせにあるといえるのでもしも多額のbitcoin(ビットコイン)を保管するつもりなのであればネットワークにつながっていないオフライン状態のPCにインストールしたソフトウェアウォレットに保管するとよいでしょう。

ソフトウェアウォレットは公式ソフトとして配布されているbitcoin(ビットコイン) coreを始めとし、数多くのものが配布されています。
どれを使用してもよいのですがbitcoin(ビットコイン)coreだけはあまりおすすめすることはできません。
大量のブロックチェーン情報と財布情報を読み込むため初期起動に数日かかることがある上、起動する度に数時間という時間を必要とするためです。
余程多額のbitcoin(ビットコイン)を投資したとかでない限り他のソフトウェアウォレットの使用をおすすめします。

そして恐らく最もbitcoin(ビットコイン)の長期保管に優れたウォレット、それがペーパーウォレットとハードウェアウォレットです。
完全オフライン上で保管されるためネットワークを介した盗難被害に合うというリスクが殆どありません。
その代わり一度bitcoin(ビットコイン)を別のソフトウェアウォレットなどに移動すると二度と使えなくなるという特徴ももっており、完全に長期保存に向いたウォレットであるといえるでしょう。

bitcoin(ビットコイン)の長期保存にはコールドウォレット、少額保存にホットウォレット!

様々なタイプのウォレットを紹介してきましたがこれらウォレットは大まかに分けて2つのタイプに分類することができます。
ネットワークに接続された媒体にあるホットウォレットと完全オフラインとなった媒体にあるコールドウォレットです。
ペーパーウォレットやハードウェアウォレットはコールドウォレット、ウェブウォレットやモバイルウォレットはホットウォレット、ソフトウェアウォレットはそのどちらでもありません。

基本的にホットウォレットのほうがセキュリティが弱いためホットウォレットはbitcoin(ビットコイン)の長期保管には向いていませんが代わりにアクセスし易いという利便性をもっています。
コールドウォレットはその逆で利便性に欠ける代わりに非常にセキュリティに強い長期保管に向いたウォレットです。

必要な知識と方法はこの記事が示しました。
あとは自らがどのウォレットを使用するのか、それぞれのウォレットの評判やランキングなども加味した上で考えるだけです。

購入したbitcoin(ビットコイン)は適切なウォレットに保管して始めてbitcoin(ビットコイン)としての価値を持つといっても過言ではありません。
bitcoin(ビットコイン)の決済や買い方の仕方を学ぶのもbitcoin(ビットコイン)を適切に扱う上では非常に重要なことですが、それと同じかそれ以上に購入した後のbitcoin(ビットコイン)の保管方法を知ることも重要です。

この記事ではbitcoin(ビットコイン)のウォレットに焦点を当てて解説させていただきましたが他の記事ではbitcoin(ビットコイン)の仕組みや特徴なども解説しています。
どの記事もbitcoin(ビットコイン)をこれから始める人にとって重要な情報ばかり厳選して掲載している次第です。
ひと目見ればその有用性に気がつくことが出来るはず!

よければ友達の間でシェアをするなどしてbitcoin(ビットコイン)についての見聞を仲間内で高めあってみてはいかがでしょうか。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!