bitcoin(ビットコイン)の最低限のセキュリティ、二段階認証教えます

ビットコインの最低限のセキュリティ、二段階認証教えます

二段階認証(2FA)をあなたはちゃんと設定していますか?
もしも取引所を利用している方でまだ二段階認証を設定していないという方がいるのであれば、このような記事を読んでいる場合ではないかもしれません。
どうしてかというとセキュリティを強化し取引所に預けてあるbitcoin(ビットコイン)を守る上で二段階認証は絶対に設定しなければならない必須項目であり、二段階認証を設定していないということは現金を裸で路上に放置していることと同じことといっても過言では無いからです。

さて、セキュリティを強化してくれる二段階認証とは何でしょうか?
簡単に解説します。

bitcoin(ビットコイン)を守るための二段階認証とは?

二段階認証設定とは取引所で決定したパスワードだけでなく、メールやSMS、認証アプリなどの他サービスと連携してセキュリティを強化する設定のことをいいます。
二段階認証を決めるとどうなるかといいますと、bitcoin(ビットコイン)取引所のログイン画面にてパスワードを打ち込んだ後、さらにメールやSMS、認証アプリに送信される文字列を記入する必要が生じるようになります。要はログインに二手間かかるようになるわけです。

この二手間をめんどくさいと感じる人は多いと思いますし、パスワードだけで守れるだろうと感じる人もいるかもしれませんが、その認識は絶対に改めることをおすすめします。
実は知られていないことですが取引所の中には二段階認証を設定しておくだけでbitcoin(ビットコイン)が盗まれた際の補償を約束してくれているところもあるなど、業界を上げて二段階認証の利用が推奨されているほどです。

二段階認証の重要性は取引所を利用し仮想通貨を守る上で何よりも高いといっても過言では無いかもしれません。

bitcoin(ビットコイン)を守るための二段階認証の具体的な設定方法について

大手bitcoin(ビットコイン)取引所であるビットフライヤーで二段階認証を設定する場合、その設定方法、連携先は一つではありません。
まずあなたはメール、SMS、認証アプリの3つのうちから一つ、若しくは複数を選択することになります。

初心者の方は最も馴染みのあるメールを二段階認証先に選択してしまいがちですが、メールやSMSを利用した二段階認証は認証アプリを用いたものよりも突破されやすいとされているので迷わず認証アプリを二段階認証の連携先に選択することをおすすめします。
また、その認証アプリも一つだけではなく、複数存在していますが最も有名で機能に優れているGoogleAuthenticatorを使用すればよいでしょう。

次は認証アプリの使い方を説明しましょう。
認証アプリを手持ちのスマートフォンにダウンロードし、インストールした後は「アカウントの追加」を押し、続けて「バーコードをスキャン」を選択してください。
そうすれば瞬時にQRコードリーダーの画面に切り替わります。
開いたQRコードリーダーで読み取ってほしいのはbitcoin(ビットコイン)取引所の二段階認証設定ページに表示されるQRバーコードです。
認証アプリにてそのQRコードを読み込み、表示されたシークレットキーを保存すれば晴れて二段階認証の設定は完了です。

シークレットキーはスマートフォンが壊れてしまった場合、認証アプリが急なトラブルで開けなくなった場合などに絶対に必要になる大切なものです。
シークレットキーは絶対になくさない、かつ他人に漏れない場所に厳重に保存してくようにしましょう。

bitcoin(ビットコイン)取引所にて二段階認証設定を終わらした後は、セキュリティが強化されていることを強く実感することができるはずです。
ログインの際にはメールアドレスやID、パスワードだけでなく一定時間ごとに認証アプリを通してスマートフォンの画面に表示される6桁の番号の入力を求められるようになっています。
随時スマートフォンを通して番号を確認して、その都度入力、ログインするようにしましょう。

bitcoin(ビットコイン)取引所での二段階認証の設定が重要な理由

なぜ取引所を利用する上で二段階認証をわざわざしなければならないのでしょうか。

二段階認証をすれば補償が効くから?

いいえ、違います。
二段階認証設定をしないということは一章で述べたように現金を裸で路上に放置することと同じようなことだからです。

SNSサイトや動画サイト、通販サイトへのログインに至るまで私たちは日常的にパスワードを利用しています。
そんなセキュリティの要とも思えるパスワードですが、実はbitcoin(ビットコイン)を盗もうとしている人達にとってセキュリティとして機能していないといっても過言ではありません。
実践形式で日々クラッキングの技術を身に着けているクラッカーにとってbitcoin(ビットコイン)取引所に設定されているパスワードを解除することなど容易いことです。
二段階認証がコインロッカーの鍵だとするならば、パスワードはコインロッカーの扉に例えられることもあるくらいです。
それくらいパスワードは今や信用できるセキュリティとは呼べないのです。

では二段階認証を設定しておけばbitcoin(ビットコイン)取引所に預けてあるbitcoin(ビットコイン)まず大丈夫かと言えば決してそうではありません。
既に二段階認証の解除方法は確率されており、絶対の信頼を置いている人ほどその落とし穴にハマるとよくいわれます。

二段階認証設定とはbitcoin(ビットコイン)を守る上で絶対にしなければならない必要最低限のセキュリティにすぎないというわけですね。
「二段階認証設定は重要だ!!」というのは外出する際には鍵をかけろ!ということと同義なわけです。
さらにセキュリティを強化したいのであれば防犯カメラや番犬に相当するセキュリティをさらに重ねる必要があるというわけです。

bitcoin(ビットコイン)取引所において二段階認証設定を必須にしているクラック技術とは

クラッカーたちはどのようにしてパスワードを解除しbitcoin(ビットコイン)の盗難を働くのでしょうか。
思い当たるパスワードを手当たり次第に入力したりしているのでしょうか?

この考えはある意味正解です。
クラッカーの技術は進歩し続けていますが、昔から今に至るまで、やっていることは結局のところ泥臭いアナログ戦術だったりします。
bitcoin(ビットコイン)に関するscriptを手当たり次第走らせることでパスワードの突破を試みたり、bitcoin(ビットコイン)探索botをトロイの木馬としてインターネットに流して情報を集めたりしているようです。

クラック技術に完全に対抗する術は今のところありませんが、セキュリティを何重にも強化することである程度のクラック行為であれば弾くことができるのもまた事実です。bitcoin(ビットコイン)盗難を目的としたクラッカーへの対策技術はjapanよりもusaの方が格段に進んでおり、また議論も盛んに行われています。
もしも厳重に厳重を重ねたいのであれば二段階認証の認証先にbitcoin(ビットコイン)lendingといったような海外の認証アプリを選択してインストールするというのもおすすめです。

また、クラッカーに対してのセキュリティをより強化したいと思った場合bitcoin(ビットコイン)についての正しい知識を取り入れるということも非常に重要だといえるでしょう。
bitcoin(ビットコイン) explorerには今のbitcoin(ビットコイン)のtransactionを始めとした多くの情報で溢れています。
bitcoin(ビットコイン)ニュースサイトと合わせてチェックしておけばbitcoin(ビットコイン)についての多くの知識を仕入れることができることでしょう。

bitcoin(ビットコイン)を守る場合であっても、bitcoin(ビットコイン)に投資して取引で設ける場合であっても最も重要なのは何よりも情報です。情報には常にアンテナを張り巡らせておくことを強く推奨します。

bitcoin(ビットコイン)取引所にて二段階認証を設定した後はどうすればよいのか

二段階認証も結局クラッカーに解除されるとなれば、私達は為す術なくただbitcoin(ビットコイン)を盗まれる他ないのでしょうか?
いいえ決してそんなことはありません。

そもそも取引所に持っているbitcoin(ビットコイン)を全額預けるような利用の仕方自体が間違っているのです。
取引所はあくまでも預かり所、度々例えていますが本当にコインロッカーのようなものなのです。
コインロッカーに全財産を常に置いておく奇特な人物は存在しません。
交換に必要としているbitcoin(ビットコイン)以外はしっかりと自分のHD上にあるウォレットに保存しておくということが大切なわけです。

取引所から自らのウォレットにbitcoin(ビットコイン)を移すことができればbitcoin(ビットコイン)を確実に保管するためのセキュリティの幅は大きく広がります。
ネットワークにつながっているホットウォレットからネットワークから隔離されたコールドウォレットに移すことができるためです。
bitcoin(ビットコイン)取引所にて二段階認証を設定した後は本当に必要なbitcoin(ビットコイン)を手元のコールドウォレットに移し必要に応じて取り出すことをおすすめします。

ここでは大手bitcoin(ビットコイン)取引所の一つであるビットフライヤーを例に出して二段階認証の設定方法を紹介させていただきましたが、利用している取引所がビットフライヤーであれ、coincheckであれ、二段階認証に必要とする操作にそれほど大きな違いはありません。
認証アプリを無料でインストールし、QRコードリーダーを開き、取引所の二段階認証設定ページに表示したQRコードを読み込むだけです。
とっても簡単な手順で二段階認証を登録することができるということがおわかりいただけるかと思います。

少しの手間をめんどくさがって多額のbitcoin(ビットコイン)を盗まれ泣くのか、二段階認証という最低限のセキュリティをしっかりと活用していくのかは個々の自由ですがどちらがより賢いのかは皆さん分かるはずです。
bitcoin(ビットコイン)を失って泣かないために、また失ったとしても補償が効くように、しっかりと二段階認証を設定して最低限のセキュリティを自らのアカウントに施しておきましょう。
まだ二段階認証の設定が終わっていない人は記事を読んだ後にでもすぐに設定してくださいね。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!