リスク回避せよ!bitcoin(ビットコイン)や仮想通貨の持つリスクとは!?

リスク回避せよ!ビットコインや仮想通貨の持つリスクとは!?

bitcoin(ビットコイン)は正しい知識を持って運用することは安全に投資できることにつながります。
金融投資には危険性やリスクというものがつきものです。

そこで、今回は仮想通貨の危険性としてbitcoin(ビットコイン)のリスクをご紹介したいと思います!

リスクを把握しておかなければ大きく損をすることになる

何か新しいことに手を出す際にはそれが抱えているリスクを必ず事前に知っておく必要がありますよね?

リスクと魅力を天秤にかけて魅力が勝ったときにこそ人はその物事に手を出すべきだと私は考えています。
そしてそれは今話題の仮想通貨であるbitcoin(ビットコイン)投資であっても同じことです。
リスクを正しく理解しないままソレを使ってトレードや投資を始めて涙を流す人は少なくありません。

bitcoin(ビットコイン)には手数料の安さや、安全性の高さ、送金の速さなどといったメリットが多くありますがそこばかりを見ていてはいずれ痛い目に合ってしまう危うさ、リスクがあるのです。

bitcoin(ビットコイン)の抱えているそれらリスクは対処法がしっかりと確率されているものが殆どで、事前に知ることでリスクを無効化することが可能です。
リスクを知ることはbitcoin(ビットコイン)で稼ぐことに直結します。
bitcoin(ビットコイン)を運用していく上でブロックチェーンの詳細な仕組みなどは知る必要ありませんが、リスクの内容とその対処方法は必ず知っておくべき重要な事柄だといえるでしょう。

何かと危ないと称されがちな仮想通貨、bitcoin(ビットコイン)ですが、その実bitcoin(ビットコイン)の抱えるリスクとはリスク回避、リスクヘッジをしっかりと行っていれば未然に防ぐことのできるものばかりです。

ここでは「bitcoin(ビットコイン)にある危険性とは何なのか?」どうすれば「bitcoin(ビットコイン)投資におけるリスクを減らすことができるのか?」bitcoin(ビットコイン)におけるリスクオフの考え方とその方法をbitcoin(ビットコイン)初心者にもわかりやすく簡単に解説させていただきます。

マウントゴックス(Mt.GOX)事件からbitcoin(ビットコイン)のリスクを学ぶ

あなたはマウントゴックス(Mt.GOX)事件と呼ばれるbitcoin(ビットコイン)における非常に有名で最悪ともいわれる事件をご存知でしょうか?

bitcoin(ビットコイン)取引を扱っていたマウントゴックス(Mt.GOX)という会社から74万ビットコインものbitcoin(ビットコイン)が盗まれ、また顧客からの購入用預り金も28億円程度消失したという事件です。
現在1ビットコインあたり90万円という価値があることを考えても、どれだけ大きな事件だったのか想像してもらうことができるかと思います。
その事件をきっかけにbitcoin(ビットコイン)の信頼度は大きく地に落ち、bitcoin(ビットコイン)は一時的に大暴落しています。

原因はマウンドゴックス(Mt.GOX)のセキュリティにあるとも、内部の人間にあるとも言われていますが、問題はそこではありません。

マウントゴックス(Mt.GOX)事件から私達が学ばなければならないbitcoin(ビットコイン)のリスクとは、電子情報であるがゆえにある意味通常のお金と比較しても盗まれやすいということです。
不正アクセスを生業とするクラッカーの手から私達はbitcoin(ビットコイン)を守らなければなりません。当然クラッカーに対処するには高度な知識と技術が必要です。

私達は通常bitcoin(ビットコイン)をウォレットと呼ばれる電子空間に保存しますが、通常のウォレットに保存していては不十分です。
もしもクラッカーの手による盗難のリスクから完全に自らのbitcoin(ビットコイン)を守りたいのであれば、皮肉な話ですがコールドウォレットというアナログに最も近い形式で、オフライン上でbitcoin(ビットコイン)を保存しておく必要があります。

マウントゴックス(Mt.GOX)事件以降、殆どの取引会社がこのコールドウォレットという方式でbitcoin(ビットコイン)を守っています。
マウントゴックス(Mt.GOX)事件を介して世界中の取引会社がリスク管理の甘さを痛感したわけです。
勿論私達個人が皆コールドウォレットを用いて倒産対策をする必要があるというわけではありません。
コールドウォレット以外にも盗難に対応する保管術は多くあるので、各自で調べて自らに合った方法を選択する必要があるということです。

詐欺通貨が存在するというリスク

仮想通貨をこれから購入しようと考えている人は、今から説明する事実を必ず頭に入れる必要があります。
それは1000種類以上存在している仮想通貨の約7割以上が詐欺通貨であるという事実です。

bitcoin(ビットコイン)を筆頭に仮想通貨の時価総額チャートを目にするとどれもこれも右肩上がりであることが分かるかと思います。
bitcoin(ビットコイン)を始めとした仮想通貨を購入し、投資を始める人は非常に多く、今仮想通貨は全体的に大きな盛り上がりを見せているといって良いでしょう。

bitcoin(ビットコイン)を筆頭にその相場は下がるということを知りません。
ある意味バブルといってもいいかもしれません。そんな仮想通貨の現状を利用して、無知な人間をうまく取り込み利益を出そうとしている詐欺集団が存在しているのです。

先程1000種類以上ある仮想通貨の内、7割が詐欺通貨だと述べました。
つまり700種類以上の仮想通貨が詐欺をするためだけに生み出された通貨だということになります。
詐欺通貨を使った詐欺師はいかにその貨幣の特徴が優れているか、取引するためのチャンスが少ないか、あの手この手の説明をしてきます。
「未公開通貨である今のうちに投資をしておけば公開された後何百倍にもなって返ってきますよ」このような甘言で資金を集めようとします。

詐欺通貨が非常に多い未公開通貨の中には一部イーサリアム(Ethereum)のような本物が混じっているのもまた事実で、イーサリアム(Ethereum)の場合ですと6万円の価格投資で4000万円以上の資産価値を手にすることができるわけです。
未公開通貨は少額で大きく稼ぐにはうってつけの投資先なわけですが、それには詐欺通貨と本物を見分けることのできる確かで深い知識が必要になります。

ニュースサイトなどで取り上げられることが少ない、話題に昇ることが少ないなど詐欺通貨特有の特徴から見分けることも可能ですが、それにはやはり確かな予備知識が必要です。
仮想通貨初心者のうちは未公開通貨には手を出さず、bitcoin(ビットコイン)に絞りFXや株式の運用で稼いでいくことをお勧めします。

bitcoin(ビットコイン)の値動きが大きいというリスク

bitcoin(ビットコイン)は非常に値動きが大きな通貨です。
円やドルが仮に1%でも変動すればその日の経済新聞は大騒ぎになりますが、bitcoin(ビットコイン)を始めとした仮想通貨は一日で10%以上の値が動くこともあるくらいです。
実際にbitcoin(ビットコイン)がbitcoin(ビットコイン)キャッシュとbitcoin(ビットコイン)にハードフォークによって分裂した日にはほぼ0に近い値にまでその価格は暴落しました。
暴騰と急落、bitcoin(ビットコイン)為替においてはこれがほぼほぼ日常なわけです。

しかしその値動きの激しさも短期的に見た場合に限った話だったりします。
暴騰と急落を繰り返しているように見えるbitcoin(ビットコイン)も、長期的に見ればなだらかな右肩上がりだったりするわけです。
bitcoin取引で確実に稼ぐつもりなのであれば、一時的な急落や暴騰に一喜一憂するのではなく、どっしりと腰を据えた上で利益が大きくなっていくのを待ったほうが確実であるといえるでしょう。

それを踏まえて考えてみるとbitcoinの買い方、売り方のようなものが見えてくるような気がしませんか?
bitcoinの買い方と売り方は人それぞれですが、確実に儲けたい人はどっしりと腰を据えてbitcoinをキープ、大きく稼ぎたい人は急落したときに購入し、暴騰したときに売ればよいのです。
bitcoinの交換方式も自分のやりたいスタイルによって柔軟に変えていけばいいだけの話なのですね。

値動きが大きいというリスクに見える事柄も捉えようによっては利用することが可能なわけです。
チャンスと可能性で溢れているbitcoin(ビットコイン)ですが、もしも仮にリスクをもチャンスと可能性に変えることができたのであれば…なんだかわくわくしてきませんか?

bitcoin(ビットコイン)の取引にかかる手数料は非常に安く、また相場も右肩上がりのため、余程ヘマを打たなければ堅実に稼ぐことが可能です。
リスクを恐れず果敢に取引を重ねていきましょう。

リスク以上の魅力がbitcoin(ビットコイン)にはあるということ

さて、ここまでの話を聞いて「bitcoin(ビットコイン)はやっぱりリスクだらけの危ない貨幣だった!」となった人はどのくらいいるでしょうか。
恐らくそうなった人は少数派で、多くの人はbitcoin(ビットコイン)への不安よりも期待と魅力が勝ってしまったのではないでしょうか。
まさしくその通りで、bitcoin(ビットコイン)にはリスクから来る不安以上にメリットから来る期待と魅力の方が多くあるのです。
殆どのリスクはリスクヘッジをすることで回避することができますし、回避できないリスクは信頼度の低さなどと言ったような時間が解決してくれるものばかりです。

ここではbitcoin(ビットコイン)の持つリスクについて長々と解説させていただきましたが、こういったリスクを持っている通貨は果たしてbitcoin(ビットコイン)、仮想通貨だけでしょうか?私達が普段から使っている円やドルにはこういったリスクは全く存在しないのでしょうか?

勿論そんな訳ありません。
円やドルにもbitcoin(ビットコイン)と同じくリスクは存在し、私達はそのリスクを理解した上で円やドルとうまく付き合っているのです。
どれだけ厳重に保存していても盗まれるリスクは存在しますし、クレジットカードや通貨の仕組みを考えたらそれはbitcoin(ビットコイン)よりもよっぽど高いといえるでしょう。
国によって担保されている価値だっていつ戦争で0になったっておかしくはないのです。
極論国がなくなってしまった場合、通貨はその効果を失います。
国によって管理されておらず、また通常のお金よりも盗難されにくいbitcoin(ビットコイン)はある意味私達が普段使用しているお金よりもリスクの低い貨幣なのかもしれません。

私達はとにかく新しい通貨であるbitcoin(ビットコイン)に対しての馴染みがまだまだ浅いのです。
クレジットカードだって登場した当初は詐欺だの、なんだの、ものすごい言われようで普及するのにも時間がかかったといいます。

bitcoin(ビットコイン)はリスク以上に大きな可能性と魅力を孕んだ全く新しい通貨です。
危ないと決めつけて手を出さないのではなく、利用することで少しづつ馴染んで、私達の手で社会にbitcoin(ビットコイン)を定着させていきましょう。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!