bitcoin(ビットコイン)送金の基本、仕組みを知って詳しくなろう!

ビットコイン送金の基本、仕組みを知って詳しくなろう!

bitcoin(ビットコイン)の仕組みを知っていないと思いもよらない落とし穴に陥ることもあります。
そこで、bitcoin(ビットコイン)のP2Pといった基本的な仕組みからbitcoin(ビットコイン)の送金の仕組みについて解説させていただきます。

これから仮想通貨による投資を始めてみようとお考えの方は是非読んでみて下さい。

bitcoin(ビットコイン)の送金は通常の通貨の送金と違う?

bitcoin(ビットコイン)の送金はちょっと変わっていることをご存知でしょうか?
中央銀行のような管理組織を持たないbitcoin(ビットコイン)は送金に仲介組織を必要としていません。
送金にかかる手続きを必要としておらずまた手数料も必要無いのです。

bitcoin(ビットコイン)を購入して初めて送金を行う人はその送金方法の新しい感覚にまず驚くことでしょう。
bitcoin(ビットコイン)は決済をするにしても支払いをするにしても速くとても簡単です。

例え送金先が北海道から沖縄だろうが、日本から海外だろうが、地球から宇宙ステーションだろうがインターネットが通じていればものの10分で送金を完了することができます。
それも円やドルといった通貨を取引する場合は必要になるであろう書類手続きもなしにです。

bitcoin(ビットコイン)はこの新規性故にここまで価値を持ち、また発展することができてきました。
ここではbitcoin(ビットコイン)の送金に関する基礎知識から詳しい仕組み、送金時間や受取方法までメリットとデメリットを踏まえて皆さんに解説していきたいと思います。

bitcoin(ビットコイン)の送金の仕組みはP2Pで成り立っている!

まずはbitcoin(ビットコイン)の送金の仕組みについて簡単な技術的なことも踏まえながら解説したいと思います。

通常私たちはお金を海外に送金する場合、仲介組織を必ず必要とします。
一度銀行を通さなければ円をドルに変換することは勿論円を送ることさえ困難です。
これは円やドルの取引台帳がそれぞれ中央銀行のような管理組織によって管理されていることに要因しています。

では仮想通貨であるbitcoin(ビットコイン)はどうでしょうか?
bitcoin(ビットコイン)には通常のお金と違い管理組織そのものが存在しません。
国や企業、個人、誰が管理しているというわけではないのです。

bitcoin(ビットコイン)の取引台帳は複数のパソコンを介したネットワーク上に分散して保存されており誰が保存しているとも、誰が管理しているともいえない状態にあるのです。
そしてこれがP2Pによる送金を可能にしています。
P2Pが何か分からない人はバケツリレーのようなものだと思っていただければ結構です。
パソコンとパソコンの間につながっているネットワークをまるでバケツリレーの容量でbitcoin(ビットコイン)は運ばれていくわけです。

bitcoin(ビットコイン)はHD上のウォレットに保存され、bitcoin(ビットコイン)アドレスに送金される

通常の円やドルといった通貨を扱う場合、口座アカウントの開設には銀行を仲介するのが一般的です。
特定の銀行に口座を持ち、その口座へお金を任意の金額預けますし、人にお金を送金する場合であっても銀行を仲介し特定の銀行の口座へと送金が行われます。
必ずそこには仲介組織が存在しておりそれを介さなければ送金は非常に困難になります。

ですがbitcoin(ビットコイン)は違います。
先程説明したP2Pの技術のおかげで仲介組織を必要としないダイレクトな送金が可能なのです。

通常通貨は口座を一つ立ち上げる場合であっても先程説明したとおり必ず銀行という組織を必要とします。
ですがbitcoin(ビットコイン)はウォレットソフトと呼ばれるソフトウェアをダウンロードすることで自らのHD上に保存することが可能であり、自分のパソコンの中に自らの手で口座を立ち上げ、bitcoin(ビットコイン)を管理するのです。そこには仲介組織の存在は全く存在しません。
仲介組織が無いとなると、次に湧いてくる疑問は恐らく送金方法、送金されたbitcoin(ビットコイン)の受取方法についてではないかと思いますが、これを解決しているのが先程説明したP2Pという技術なのです。

私達はそれぞれがbitcoin(ビットコイン)アドレスというものを持ち、送金先として他者にそのアドレスを明示することが可能です。
もしもあなたにbitcoin(ビットコイン)を送金したいという人があなたのアドレスを知れば、そのアドレスに任意の額のbitcoin(ビットコイン)を直接送金することができるようになっています。

もしもbitcoin(ビットコイン)アドレスについていまいちピンと来ないという人はメールアドレスやSNSのIDのようなものだと思っていただければいいかと思います。
仮想通貨であるbitcoin(ビットコイン)は本当にメールやSNSにおける返信を送るような感覚で直接送金することができるのです。
そこに国や企業といった概念が入り込む余地はありません。
本当にただの送金先でしかありません。

最初に述べたとおり海外だろうが宇宙ステーションだろうが、bitcoin(ビットコイン)アドレスさえ知っていればあなたは誰にだってbitcoin(ビットコイン)を送金することができます。
それはbitcoin(ビットコイン)が実体を持たない仮想通貨であり、またP2Pを始めとした多くの技術に支えられた通貨だからです。

bitcoin(ビットコイン)送金に際するメリット

さて、では上で説明したような仕組みをしているbitcoin(ビットコイン)はどのようなメリットを持つのでしょうか、一つずつ解説していきたいと思います。

まず第一に銀行のような管理組織が存在しないため、送金にかかる手数料というものが存在しません。
強いて言うなれば電気代が手数料でしょうか?
僅かな電気代があればどれだけ多額のbitcoin(ビットコイン)だろうが直接相手に送金することができます。

外国に送金する場合通常は多くの手順を踏まえた上でかなりの額の送金手数料を支払うことになります。
外国でない場合であっても振り込みたい銀行口座によっては数百円送金するのにも300円ほどの手数料が必要ですが、送金手数料を比較した場合bitcoin(ビットコイン)にはそれが必要無いのです。

ではbitcoin(ビットコイン)取引所が徴収している手数料とはなんなのでしょうか?
「取引所や交換所といった仲介組織が存在しており、手数料を立派に必要としているじゃないか!」このように思った人は少なくないかと思います。

今増えているbitcoin(ビットコイン)取引所は確かに仲介組織ではありますが、送金には一切関係の無い組織であり、またbitcoin(ビットコイン)を管理している組織だというわけでもありません。
交換所が行っているのは仮想通貨であるbitcoin(ビットコイン)と円やドルといった現実通貨の交換、謂わばFXでしかないわけです。
マイニングするための環境がない私達はbitcoin(ビットコイン)を得るのに仲介組織に多少の手数料を支払って円やドルと交換してもらう必要がありますが、bitcoin(ビットコイン)を得た後はその仲介組織を利用する必要は全くありません。

bitcoin(ビットコイン)送金における第二のメリットは距離に関わらず送金にかかる時間が一律であるというところです。
送金にかかる時間はおよそ10分間になるよう調整されており、額がいくら莫大だろうが、距離がいくら遠かろうがこの10分間という時間は変わることがありません。
すぐ隣にいる人間に300円分のbitcoin(ビットコイン)を送金するのに10分間かかり、また外国の企業に2億分のbitcoin(ビットコイン)を送金するのにも10分間かかるわけです。

メリットとして紹介していますが、これはデメリットでもあるといえます。
円であれば300円の支払いなど手渡しできる距離にあれば一瞬です。
コンビニを始めとした世界中の買い物の決済が全て10分間かかるとなったらたちまち経済は破綻してしまうことでしょう。
近くの距離の人にちょっとした額のbitcoin(ビットコイン)を送金するとなった場合、10分間という時間は非常に遅いといってよいでしょう。

ですがこれが海外ともなれば話は別です。
海外の企業にたったの10分で手数料なしで数億円送金できるとなればそれはものすごいことだといっていいでしょう。
要はbitcoin(ビットコイン)は使いみち次第でメリット、デメリットどちらの側面が顔を覗かせてもおかしくないというわけですね。

bitcoin(ビットコイン)送金に際するデメリット

それでは次はデメリットについて説明します。
bitcoin(ビットコイン)はP2P’ピアトゥピア)という技術によって支えられている仮想通貨であると紹介しましたが、bitcoin(ビットコイン)が内包するデメリットはまさにそのP2P故にもたらされているといってもよいでしょう。

bitcoin(ビットコイン)送金デメリット1「キャンセルできない」

まず第一にbitcoin(ビットコイン)の送金はキャンセルすることができません。
一度相手にbitcoin(ビットコイン)を送ってしまったら送金し直してもらわない限りそのbitcoin(ビットコイン)が手元に戻ってくることはありません。

bitcoin(ビットコイン)送金デメリット2「送金詰まりい」

そして第二に送金詰まりと呼ばれる現象が起こることがあり得ます。
bitcoin(ビットコイン)を送金したにも関わらず送金されないように見える時などはこの送金づまりが起きていると思ってよいでしょう。
世界中で一度に大量の送金が行われると回線がジャムってしまい一時的にバケツリレーが混乱してしまうわけですね。

送金失敗にも見えますが、実際には送金できているので大丈夫です。
bitcoin(ビットコイン)ウォレットを確認して変に焦ることが無いよう送金詰まりが起きることがあるということを知識として知っておく必要があります。

bitcoin(ビットコイン)送金デメリット3「保管が難しい」

そして第三にbitcoin(ビットコイン)は保管が難しいことで知られています。
自らのHD上にbitcoin(ビットコイン)を保存することは容易なことではありません。

もしもそのHDがインターネットにつながっているホットウォレットなのであれば尚更です。
ウィルスの侵入を許してしまえばたちまちbitcoin(ビットコイン)は盗まれてなくなってしまうからです。

もしも個人でbitcoin(ビットコイン)を完璧に保管しようと思うのであればインターネットにつながっていないコールドウォレットと呼ばれるHD上にbitcoin(ビットコイン)を保存する必要があります。
たくさんのメリットを持つbitcoin(ビットコイン)ですが、同時に保管が難しいという課題を抱えた通貨でもあるのです。

最後に

bitcoin(ビットコイン)の相場はbitcoin(ビットコイン)チャートを見てみても分かる通り現在も上がり続けており、先日とうとう1BTCあたり100万円の大台を突破しました。

bitcoin(ビットコイン)取引所の一つであるbitflyer(ビットフライヤー)のcmがテレビに流れたり、アンドロイド上にbitcoin(ビットコイン)ウォレットを持つことができるウォレットアプリも登場するなど、bitcoin(ビットコイン)を取り巻く環境の発展はもはや誰にも止めることはできません。

この記事ではbitcoin(ビットコイン)の送金の仕組みについて解説させていただきましたが、これを機にbitcoin(ビットコイン)の買い方も同時に学びbitcoin(ビットコイン)を始めてみてはいかがでしょうか。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です