【2017年12月度】ビットコイン関連のニュースまとめ

【2017年12月度】ビットコイン関連のニュースまとめ

1.個人的に衝撃を受けたビットコインに関する12月ニュースまとめはこちら

PCゲーマー御用達ショップsteamにおけるビットコインのサポートが中止される

これまでゲーム配信サービス最大手であるSteamではビットコインでの支払いをサポートしていましたが、12月6日をもってそのサポートを中止するという旨を運営会社であるValveが発表しました。大手ゲーム配信サービスでビットコインが使えなくなるという事実はビットコインの価値そのものに大きな影響を与えそうですが、valveは主な理由が価値の乱高下であると発表しており、ビットコイン事体の価値は変わらず認めているようです。
さて、ビットコインの価値の乱高下が激しいと何故サポートを中止しなければならないのでしょうか?Steamではユーザーが支払いに利用する通貨をビットコインに定めた時、支払いが確定するまでの間の値動きの大きさによっては余剰分を払い戻す、もしくは不足分をユーザーに催促するという手続きをとっていたわけですが、近頃これがあまりにも多発するため、現状ではビットコインはsteamの求める通貨基準を満たしていないという結論が下されたようです。
私自身も何度かSteamの支払いにビットコインを利用したことがあり、ビットコイン為替を嗜むものとしては12月初めに起きたこのニュースには小さな不安を覚えました。ですがValveとしてはまたビットコインでの支払いをサポートする意思があるようなので、そこはまず一安心といったところでしょうか。

南アフリカでは交通違反切符をビットコインで支払うことが可能に

私が12月に起きたニュースの中でも二番目に衝撃を受けたのがこのニュースです。なんと南アフリカでは交通違反切符を支払う際にビットコインを選択することができるようになりました。ビットコインの規制が各国で進む中で逆に行政が公的な罰金の支払いにビットコインを認めるというのは珍しいことです。もしも世界中の国の公的な罰金にビットコインを選択することができるようになれば仮想通貨事体の価値が大きく向上することが予想されます。南アフリカに続いて多くの国々でこの流れが続くことを願うばかりです。

2.世界中に衝撃を与えた12月に起きたビットコインのニュースはこれだ!

私が個人的に衝撃を受けたニュースは上の12月ニュースまとめの章にて発表しましたが、世界中の人が衝撃を受けたニュースといえばやはりこれでしょう。
なんとビットコインが12月8日に1BTCあたり200万円という価格にまで大暴騰したのです。11月26日に1BTCあたり100万円に到達しましたが、その日から数えて僅か12日後の出来事でした。1月から数えて価値が10倍になったと世界が驚嘆していたのに、それから僅か1週間余りでさらにその価値が2倍にまで膨れ上がったのですから驚きです。1月と比較するとなんと20倍、たった1年の間にビットコインは20倍にまでその価値を大きくしたことになります。
なぜこのような大暴騰が起きることになったのか諸説ありますが、具体的な詳しいことは分かっていません。200万円を記録した後またその価値は急落し現在は1BTCあたり120万円前後をいったりきたりしている状態にあります。
ビットコインを用いて為替取引を行っている人はもちろん、そうでない人も世界中の人がビットコインの価格の値動きに驚いたといってよいでしょう。元より値動きが激しいとされていたビットコインですが、ここ最近はそれが更に激しくなっているのを感じます。それが良いことであるか、悪いことであるかは人によって見解が分かれるところでしょうが少なくとも今どんな通貨よりも仮想通貨であるビットコインが注目を集めているのは間違いないでしょう。これを受けて世界中の投資家がこの先どのような行動を見せるのか動向が気になるところです。

3.ビットコインの規制に関する12月ニュースまとめました

韓国、仮想通貨取引所に関する規制を強化する方針を示す

今最もビットコインを始めとした仮想通貨が多く取引されている日本ですが、お隣の韓国でも仮想通貨は熱い熱を帯びています。特にここ数ヶ月はその盛り上がりもすごいようで、一時は取引額が日本に勝るとも劣らない額にまで増える等韓国内での仮想通貨の取引額は増す一方です。
そういった仮想通貨市場の盛り上がりを危惧した韓国政府は投機的な投資を抑制するために韓国内の仮想通貨取引所への規制を強化する旨を通達しました。具体的には本人確認の厳格化と入出金を受け付ける銀行口座を限定するということです。これには先程述べた投機的な投資を抑制すると同時に資金洗浄を目的とした仮想通貨の取引を防止する目的もあるとされています。この規制強化を受けて韓国のビットコインに対する熱がどのように変化していくか見ものではありますが、少なくともビットコイン市場に及ぼした影響は小さくはなかったようです。韓国政府のこの発表を受けてビットコインを始めとした多くの仮想通貨が下落し、同時にこれはビットコインの大部分が韓国内で取引されていることを示すことにもなりました。

米証券取引委員会「ビットコイン市場はリスクがある」

12月11日、米証券取引委員会のジェイ・クレイトン委員長は現在のビットコイン市場についての公式見解を発表しました。リスクに満ちた市場であるとしながらもそのリスクを管理することが出来れば良い投機市場にすることができるということでした。
SCEが現在のビットコイン市場に公式見解を示したのは初めてのことで、この見解によってビットコインを利用した支払いの違法化など、過剰な規制強化の流れにまったがかかることが期待されています。ビットコインの値動きの激しさは目を見張るものがあり、リスクがあるのは確かだが、上手く各国が規制をかけることでより良い市場にできるという今回の見解は規制を促すと同時に一筋の道をビットコインに示したのではないでしょうか。付き合い方を誤ることなく皆が笑ってビットコインを利用することができる。そのような土壌作りのため今一度各国が何をしなければいけないのかしっかりと考える必要があるのかもしれません。

4.話題性のある12月のビットコインニュースはこれだ!

ビットコインのチャリティプロジェクト、パイナップル基金に100億円以上が集まる

大量のビットコインを保有する匿名の個人によって発足したチャリティを目的としたビットコイン基金、通称パイナップル基金のアドレスに100億円以上もの額にも登るビットコインが集まったことが話題を集めています。基金を設立した人物は非常に早い時期からビットコインのマイニングを行っており使い切れない程の資産を手にしたと述べています。そういった使いきれない資産を使って何か世の役に立つことができないだろうか、そう考えた結果パイナップル基金を設立することを決めたそうです。設立者が大量のビットコインを保有していたということが担保になったのか、世界中からパイナップル基金のアドレスに寄付が集ったといいます。
この先ビットコインの持つ価値がどのように変動していくのかは誰にも予想することができませんが、だからこそパイナップル基金のようなチャリティを目的とした基金に寄付することが大きな意味を持つのかもしれません。

フェイスブックを経由しマイニングマルウェアがユーザーに感染

インターネットを徘徊する以上現在どんなユーザーであってもマイニングマルウェアの脅威から逃れることはできません。表沙汰になることは滅多にありませんが裏では個人が、企業が、各国がこぞってマイニングマルウェアを使っていち早くビットコインを多く集めようとせんと躍起になっているためです。これまでのマイニングマルウェアの感染経路としては違法ファイルや違法サイトといったものが主でしたが、これから先はそのように断言することが難しくなることが予想されます。
というのも新たなマルウェアがフェイスブックのアプリケーションを通して多くのユーザーに感染していることが今回判明してしまったのです。非常にクリーンとされているフェイスブックのアプリケーションを通してマルウェアに感染したユーザーが出てしまったという事実は大きな話題となってsnsやブログ等を通してまたたく間に知れ渡りました。
今回新しく見つかったマイニングマルウェアはディグマインと名付けられた上で現在専門家が調査にあたっています。
知らない間にマイニングマルウェアに感染している可能性があるので、今回の事件を受けてより一層常にセキュリティには細心の注意を払うことが推奨されます。

5.ビットコインに関する12月ニュースまとめて私が感じたこと

今年1年でビットコインは非常に大きな躍進を遂げましたが、中でも11月と12月に起きた出来事の大きさは計り知ることができません。11月に1BTCあたり100万円を突破したかと思えば一週間とちょっと先には200万円を突破したのですから驚きです。公に登録された仮想通貨取引所の数も増える一方で、その勢いは衰えるということをしりません。来年には200以上の登録仮想通貨交換所が存在するのではないかとすら言われるほどです。
12月は1年の中でも特に大きな出来事が連続して起きた月になりましたが、この勢いが果たして来年以降も継続するのかそれは誰にもわかりません。一時は200万円を突破したビットコインも現在はそのなりをすっかりと潜めまたいつもどおりの値動きに戻ってしまいました。もしかしたら2018年の冬にはビットコインがなくなっていたとしても大して驚くようなことはないでしょう。そのくらい12月はビットコインは何が合っても不思議ではない仮想通貨であるということが示された月だったのではないでしょうか。可能性と同時に大きなリスクも明示された、12月ニュースまとめてみて私が感じたことは以上です。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!