備えあれば憂いなし!bitcoin(ビットコイン)にまつわる知識を蓄えよう!

knowledge_coin

1.bitcoin(ビットコイン)の知識があれば大抵のトラブルは未然に防ぐことが可能!

最近私の周りでもbitcoin(ビットコイン)が流行し始めており、知人友人がこぞってbitcoin(ビットコイン)を購入しているようですがどうやら思いがけないトラブルも結構発生しているみたいですね。
身の回りから「送金ができなかった」やら「仮想通貨なのに手数料がかかるとは思わなかった」などといった声を度々耳にするようになりました。

そういった小さなトラブルの殆どはbitcoin(ビットコイン)に関する基礎知識があれば殆ど未然に防ぐことができますし応用知識があれば盗難などといったリスクにも対処することができます。

まだbitcoin(ビットコイン)の盗難被害に合ったり詐欺通貨をつかまされたりとそういった大きなトラブルに見舞われた人は私の周りにはいないようですが少なくとも基本的な知識だけでも抑えておかないといつそのようなトラブルに見舞われてもおかしくありません。

bitcoin(ビットコイン)の仮想通貨に限らずこれはfxや株式などといった投資にも共通していることですよね?例え少額でもお金をかけるからには知識を蓄え武装してから臨むべきなのです。
ここでは調べれば60分でわかるいまさら聞けない入門者用のbitcoin(ビットコイン)の基礎知識から少し踏み込んだ中級者用の知識まで簡単に解説し紹介させていただきます。

2.まずは基本的なbitcoin(ビットコイン)の必須知識から紹介します!

まずは仮想通貨とbitcoin(ビットコイン)に関する知識からいきましょう。仮想通貨というのは現実上に実体を持たない通貨の総称です。bitcoin(ビットコイン)の単位はbtcで表記されます。
そしてbitcoin(ビットコイン)だけが仮想通貨だと思っている人は少なくありませんがそれは厳密には誤りでbitcoin(ビットコイン)は仮想通貨というカテゴリに属しているにすぎません。

そしてbitcoin(ビットコイン)は現実上に実体を持たないにも関わらず現実世界のお店で実際に利用することができます。
bitcoin(ビットコイン)が使える範囲というのは何も日本国内に限った話ではなくなんと海外でも問題なく使用することができます。

また送金に手数料が全くかからなかったり、手続きなしで大金を持ち運ぶことができる等bitcoin(ビットコイン)には円やドルといった現実通貨にある取引の制限というものが殆どありません。
今や世界中から注目されている仮想通貨ですがその中でもbitcoin(ビットコイン)は格別な支持を受けており仮想通貨の中でも最も将来性が高い通貨とされその価値も他とは比較することができません。

そして最も大事な知識はbitcoin(ビットコイン)を管理する組織がこの地球上に存在しないということです。bitcoin(ビットコイン)は国や企業、会社によって管理されているものではありません。
誰が管理するわけでもない完全に中立な通貨なのです。その仕組みに関する知識は後述するとしてbitcoin(ビットコイン)はこの特徴のおかげで今や莫大な価値を持つようになりました。

bitcoin(ビットコイン)は世界で一番の仮想通貨なのです。
そんなbitcoin(ビットコイン)はマイニングという採掘行為によって発行されています。

日本円は中央銀行がお金を印刷して流通させていますがbitcoin(ビットコイン)の場合はどこの組織にも属さない個人が有志でマイニングを行うことで新しく発行されるのです。
このマイニング行為を行う人のことをマイナーと呼びマイナーが集まった集団のことをマイニングプルーフといいます。これは少し踏み込んだ知識になりますが覚えておいて損はないので是非とも覚えておいてください。

bitcoin(ビットコイン)に投資して資産を増やす手段は一つではなくその方法はたくさん存在します。
先程紹介したマイニングはその中でもFXに次いでとりわけポピュラーで非常にたくさんの人がマイニングを成功させるために多くの費用をbitcoin(ビットコイン)に投資しています。

マイニング行為には基本的に電気代しかかからないと思われがちですが決してそんなことはなく、しっかりと稼ごうと思った場合その投資金額が億超えすることも決して珍しいことではありません。
この知識を知っておくと投資詐欺に引っかかることを未然に防ぐことができるかもしれません、是非覚えておきましょう。基礎知識はこんなところにして次は仕組みに関する少し踏み込んだ知識を解説していきます。

3.bitcoin(ビットコイン)の仕組みに関して少し踏み込んだ知識を解説します。

先程bitcoin(ビットコイン)には管理組織が存在しないと言いましたが、通常であればそのような通貨は仮想通貨であっても成り立ちません。
そのような通貨誰も信用しませんし流通させ整合性を保つ人が存在しないためです。ですがbitcoin(ビットコイン)はブロックチェーンというシステムを導入することでこの問題をうまく解決することに成功しています。

ブロックチェーンとは記録されてきたデータの繋がりのようなもので非常に長い所々短く分岐した鎖のようなものです。
bitcoin(ビットコイン)はこのブロックチェーンとP2Pいうテクノロジーを使って取引台帳をインターネットをつなぐネットワーク上に分散して保存することに成功しています。

分散している取引台帳に取引結果を記入する行為こそが先程説明したマイニングになります。
bitcoin(ビットコイン)は取引が行われ、それがデータとして記録される度に新しく発行されるというわけです。今この時も新しいbitcoin(ビットコイン)は発行され続けているということになります。

この仕組が最初に考案されたのはいつのかについても知識として皆さんに伝えておきましょう。
このbitcoin(ビットコイン)の仕組みを最初にデザインし、論文で提唱したしたのは中本哲史(SatoshiNakamoto)という日本名を名乗る人物です。

この中本哲史なる人物が本当に日本人なのかは分かっておりませんしもしかしたら個人ですら無くどこかの国の企業が個人として論文を発表したにすぎないだけかもしれません。
この論文を元に世界中のプログラマー、エンジニアがopen sourceでbitcoin(ビットコイン)の開発を開始し、約3ヶ月という脅威とも言える短い時間で完成、実際の最初の取引が行われています。

いかに優秀な人材が当時集ってbitcoin(ビットコイン)を開発したのか想像することができるのではないでしょうか。

bitcoin(ビットコイン)の仕組みに、誕生に世界中のプログラマーがイノベーションを受けた結果今や仮想通貨の総数は100以上とも1000以上とも言われる数にまで増えており、その殆どがここで紹介した知識、ブロックチェーンをシステムに組み込んでいるそうです。

少し踏み込んだbitcoin(ビットコイン)の仕組みに関する知識を紹介させていただきましたが、仕組みに関する知識を知っておくだけで何故送金が反映されていないのかといったトラブルにも冷静に対処することができるようになります。またそれだけではなく何故bitcoin(ビットコイン)は送金手数料が必要無いのかといったことも人から教えられることなく理解することができます。

仕組みに関する知識を知り、bitcoin(ビットコイン)を深く理解することはbitcoin(ビットコイン)でどんな行動を取るにせよ絶対に必要なことなのです。

4.bitcoin(ビットコイン)について分からない知識はまず自分で調べる癖を付けましょう

bitcoin(ビットコイン)で取引したり、投資を行っていると必然と分からないことが出てきたり気になることが出て来るはずです。
その都度知識を仕入れていくことになるわけですが、その際いきなり人に尋ねるのではなくまず自分で知識を調べるという癖をつけましょう。

取引所で何かトラブルに巻き込まれた場合や分からないことが生じた時、お問い合わせのページから直接答えを聞くことは間違いではありませんが自分で調べ身につけた知識の方が後々役に立つことのほうが多いです。
明らかに取引所側の問題でもない限りまずは自分で調べる必要があるといえます。

どうして人に尋ねるのではなく自分で調べることをここまで推奨しているかといいますと、調べる過程で得た知識というものもバカにならない上で自分で調べた知識というものは基本的に忘れにくい知識として頭に残ります。
自分で考えて得た知識なので理解も十分できていることでしょう。人から教えてもらった知識というものは忘れやすく、また根本的な理解も浅いため役にもあまり立ちません。

よほど急を要している場合でない限り知識は自分で調べるものと覚えておきましょう。
知識を調べるのにもコツというものがあるのでまずは「btrx」と「BrandokK」、「bitcoin(ビットコイン)のtransaction」この3つについて調べて自分で知識を調べるコツというものを掴んでみてはいかがでしょうか?

5.bitcoin(ビットコイン)の知識をさらに知り詳しくなりたいのであれば英語を覚えよう

日本はハッキリ言ってそれほどbitcoin(ビットコイン)が浸透しているとはいえません。
bitcoin(ビットコイン)を自らのHDに保管している人はごく僅かで、9割以上の日本人がここではじめに紹介した基礎知識を全く知りません。

最近はbitcoin(ビットコイン)の価格が暴騰しているのでbitcoin(ビットコイン)に関する知識書等の書籍も増え、興味を抱く人も増えたように思えますがそれでもまだまだ日本人は仮想通貨そのものへの理解が浅いといわざるを得ないでしょう。

bitcoin(ビットコイン)に関していえばUSはもちろんお隣の韓国、中国の方が圧倒的に進んでいる状況です。
このような環境下にある日本でbitcoin(ビットコイン)の知識を仕入れようとしてもその方法は限られてしまいますし得られる知識にも限界があります。

本格的にbitcoin(ビットコイン)を始めとした仮想通貨に関する知識を仕入れたいのであればアメリカの言語である英語を習得する必要があるでしょう。
bitcoin(ビットコイン)情報はusaのサイトのほうが圧倒的に充実しており得られる知識の質そのものが違うためです。

bitcoin(ビットコイン)の世界に入門したての頃は当然日本国内でもそれなりの情報を集めることができますが、必ず限界が訪れますし、限界が訪れた時真っ先に必要になるのは英語能力です。
英語は単語や文法など覚えることが多く身につけようと思ってすぐに身につくようなものではありません。

もしもこの先bitcoin(ビットコイン)への投資を続けていくつもりがあるのであれば、今から英語を少しづつ勉強していってみてはいかがでしょうか?

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!