どうして価値があるのか?bitcoin(ビットコイン)の仕組みを解説!

どうして価値があるのか?ビットコインの仕組みを解説!

今や莫大な価値を持っているbitcoin(ビットコイン)ですが、その最大の特徴はやはり何と言っても通貨としての自由度の高さ、またこれからの将来性の高さです。
数多くある仮想通貨の中でも飛び抜けた人気を有し、また高い価値を持っているbitcoin(ビットコイン)がこの先どれほどの価値を持つことになるのか、想像できている人は多くありません。

bitcoin(ビットコイン)がどうしてこれほどまでに発展したその背景には、今までの仮想通貨には無い画期的ともいえる仕組みがあったのです。
ここではまずそのbitcoin(ビットコイン)の大まかな全体の仕組みをわかりやすく簡単に解説し、次の章からそれぞれを徹底解説していきたいと思います。

bitcoin(ビットコイン)管理の仕組みについて

bitcoin(ビットコイン)には多くの特徴がありますが、それら特徴を支えているのがブロックチェーンという仕組みです。

bitcoin(ビットコイン)はドルや円といった通常の通貨と異なり、通貨を管理している組織というものが存在しません。
中央銀行のようなものが無く、一つの大きな取引台帳がネットワークを介して複数のコンピューター上で管理されているのです。
この通常では考えられない仕組みを実現させているのがブロックチェーンという仕組みになります。

管理している組織が無ければどのようにしてbitcoin(ビットコイン)は新しく発行されるのか?
それにはブロックチェーンの仕組みを実現させるためには欠かせないマイニングという仕組みが大きく関係しています。

新しいbitcoin(ビットコイン)を採掘する行為のことをマイニングといいますが、このマイニングが無ければbitcoin(ビットコイン)という仮想通貨を支えているブロックチェーンという仕組みはうまく機能してくれないのです。
bitcoin(ビットコイン)を必要としている人がbitcoin(ビットコイン)を必要としている人のためにbitcoin(ビットコイン)を上手く機能させ、循環させる。
bitcoin(ビットコイン)の仕組みを簡単に説明するなら、下記ようになるでしょう。

bitcoin(ビットコイン)の仕組み、ブロックチェーンとは何か?

bitcoin(ビットコイン)を支えている一つの仕組み、ブロックチェーンとは何でしょうか?

bitcoin(ビットコイン)誕生当初、まだbitcoin(ビットコイン)が今ほどまでに価値を持たなかった時、世界中からbitcoin(ビットコイン)に対しての危険性、安全性について多くの指摘が挙がりました。
「通貨の管理組織が存在しない通貨なんて信用される訳がない。」といったものや「こんな危ない通貨は通貨として成り立たない。」といったものまで様々で、多くの人がbitcoin(ビットコイン)のその仕組について懐疑的だったのです。

先程述べたようにbitcoin(ビットコイン)には管理組織なるものが存在しません。
本来その組織の金庫にでもあるべき取引台帳が誰にでも見える形で世界中の分散されたコンピューターのネットワーク上に保存されています。

bitcoin(ビットコイン)の総量、またいつどのような取引が行われたのか、誰でもチェックできるようになっているのです。
この保存形式は偽造や不正を防止する利点と同時に、いついかなる理由でそのデータに不整合が現れてもおかしくないという問題点があるはずでした。
分散されたコンピューターのネットワーク上に保存されているがため、遅延などにより大事な取引データが分裂する恐れがあったためです。

このデータの分裂を防ぐために編み出されたのがブロックチェーンという仕組みになります。
ブロックチェーンという仕組みを一言で言い換えるならば「多数決」です。
データが複数に分裂した時、bitcoin(ビットコイン)はより多くの人が支持しているデータを優先するという仕組みをとっています。

仮にデータの分裂が起きた場合であってもその片方はすぐに破棄されるようになっているのです。
このブロックチェーンという仕組みのおかげでbitcoin(ビットコイン)の取引台帳は整合性を保ち続けると共に、悪意を持った人間からの攻撃をも防ぐことができています。
とある悪意を持った人間が不正を働こうとした場合、その規模がbitcoin(ビットコイン)を正しく運営したいと思っている人の規模を越えない限り不正が働かれたデータはすぐに廃棄されるためです。

bitcoin(ビットコイン)の根幹にある仕組みは多数決であり、bitcoin(ビットコイン)は多数決によって発展してきた仮想通貨だといえるでしょう。

bitcoin(ビットコイン)発行の仕組み、マイニング、採掘行為って何?

bitcoin(ビットコイン)が新しく発行される仕組みのことをマイニングといいます。
通貨は通常中央銀行が総量を管理し、必要に応じて新しく発行されますが管理組織を持たないbitcoin(ビットコイン)はそうではなく、マイニグと呼ばれる採掘行為によって発行されています。
ここではbitcoin(ビットコイン)の仕組みの中でも採掘、マイニングについて分かりやすく説明しましょう。

採掘というと個人が能動的にbitcoin(ビットコイン)を探す印象を覚えるかもしれませんが、それは何も間違ってはいません。
新しいbitcoin(ビットコイン)は誰かから受け取るものではなく、自らの手で探し出すものなのです。
bitcoin(ビットコイン)を自らの手で採掘するというのはどういうことなのでしょうか?

bitcoin(ビットコイン)を上手く機能させていくには、複数のコンピュータのネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳に世界中で行われた取引の結果を記入し続ける必要があります。
取引台帳の更新作業を行うのは通常中央銀行のような管理組織の役目になりますが、そのような組織を持たないbitcoin(ビットコイン)においてはこの取引台帳への記入作業をマイニングと呼び、マイナーと呼ばれる人達がbitcoin(ビットコイン)のために行うのです。
bitcoin(ビットコイン)の運営に欠かすことの出来ない取引台帳への記入行為(マイニング)を自らのパソコンを使って行ってくれる人(マイナー)に対してのお礼という形で新しいbitcoin(ビットコイン)は発行されるのです。

マイニングは通常10分程度で完了するよう調整されています。
bitcoin(ビットコイン)は送金距離、額面に関わらず10分前後で取引を完了させることができますが、それはこのマイニングという仕組みが関係しているためです。
bitcoin(ビットコイン)を手に入れるための手段は購入の他にもう一つあり、それがマイニングです。

bitcoin(ビットコイン)に限らず、仮想通貨をマイニングするためのソフトは世界中に公開されておりあなたもその気になれば今すぐマイニングによってbitcoin(ビットコイン)を手に入れることが可能です。

bitcoin(ビットコイン)によって儲かる仕組みって何?

bitcoin(ビットコイン)は今世界中で最も熱い投資先の一つではないかと思います。
1BTCあたり90万円を突破し、その勢いは落ちることなく今なお上昇し続けています。
ビットフライヤー(bitFlyer)を始めとしたbitcoin(ビットコイン)を扱うFX会社も増え、ITに疎い主婦であってもbitcoin(ビットコイン)の買い方に対して関心を示していると聞きます。

儲かると話題のbitcoin(ビットコイン)ですがbitcoin(ビットコイン)によって儲かる仕組みとは何なのでしょうか?
bitcoin(ビットコイン)への投資の形は大まかに3つあります、為替、未公表通貨の購入、採掘です。一つづつ見ていきましょう。

まず為替仕組みについてですが、とりわけ円やドルとの違いはありません。
安い時に買い、高い時に売る。為替はbitcoin(ビットコイン)の買値と売値の差額で利益を得る仕組みです。

次に未公表通貨の購入ですが、これはあまりお勧めしません。
詐欺通貨と呼ばれる仮想通貨が横行しており、セミナーなどでbitcoin(ビットコイン)についての知識を学んだ人でなければその詐欺通貨を見破ることが出来ないためです。

そして最後に採掘ですが、これもお勧めできません。
bitcoin(ビットコイン)が人気になりマイナーが増えた結果、マイニングにかかる電気代のほうが高くつくようになってしまったためです。
マイニングの仕組みを利用してで本気で利益を出そうと思った場合、電気代の安い中国に会社を構え、スーパーコンピューターを用いてマイニングを行う必要があります。

bitcoin(ビットコイン)が儲かると言われる理由は、時価総額が常に上がり続けているためです。
現在1BTCあたり90万円以上あるbitcoin(ビットコイン)ですが、2017年当初は30万円ほどの価値しかありませんでした。
1年も経たない内に3倍以上の額にまでその価値は膨れ上がっているのです。為替をやっておけば間違いありません。

bitcoin(ビットコイン)の仕組みにある問題点とは

このように見てみるとbitcoin(ビットコイン)は完全無欠の仮想通貨のように思われるかもしれませんが、問題点が何も無いわけではありません。
bitcoin(ビットコイン)の仕組みの問題点を簡単に説明します。

上の章にてブロックチェーンという仕組みについて説明しました。
多数決によってデータの成否を決めるが故に、不正が入り込む余地がないと先程は説明しましたが、これは裏を返せば多数決で勝つことが出来れば不正し放題ということでもあります。
bitcoin(ビットコイン)ではこのような多数決で勝つことを前提とした不正は51%attackと呼ばれており、度々問題視されています。

現実的ではないとされている51%attackですが、これがもし可能になり、一度でも行われればbitcoin(ビットコイン)の信頼は揺らぎ、今天井知らずに膨れ上がり続けているbitcoin(ビットコイン)の価値も大暴落することになるでしょう。

最悪bitcoin(ビットコイン)事体が消滅してもおかしくありません。
そして近年中国のマイニンググループが大きな力を持つようになってきており、51%attackも不可能な話ではなくなってきました。
bitcoin(ビットコイン)を購入する際には危険性も少なからず存在するということを頭の隅に入れておきましょう。

bitcoin(ビットコイン)の仕組みについて簡単に説明させていただきましたが、当然これが全てではありません。
もしもさらに詳しく知りたくなったのであれば、bitcoin(ビットコイン)セミナーに足を運んでみてはいかがでしょうか?
bitcoin(ビットコイン)の仕組みについて文字だけでなく動画やpdf、図解を用いて工学的に説明してくれるのでよりbitcoin(ビットコイン)の深いところまで知ることが可能です。
試験に合格し、bitcoin(ビットコイン)関連の資格を取ることができれば選べる職の幅も大きく広がることでしょう。

これからの時代bitcoin(ビットコイン)の仕組みを知ることは人生を有利にすすめることと同じといっても過言ではないのです。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!