bitcoin(ビットコイン)のデメリットは?正しく把握して安全な運用を!

ビットコインのデメリットは?正しく把握して安全な運用を!

bitcoin(ビットコイン)について未だ「怖い」という印象を抱いている人は少なくないかと思います。
円やドルといった現物を持つ通貨と違いbitcoin(ビットコイン)にはその実体が無いため、本当にそれが通貨としての価値を持っているのか不安になる人がいるのも分かります。

そのような方々に向けて、ここではbitcoin(ビットコイン)を安全に運用するために知っておきたい仮想通貨のデメリットをご紹介していきたいと思います!

1.bitcoin(ビットコイン)のデメリットとは?メリットばかりではないことを知ろう

「いざbitcoin(ビットコイン)を使用しようとした時に使えなかったらどうしよう!」とか「bitcoin(ビットコイン)をウォレットにしまったはいいが、本当に自分がbitcoin(ビットコイン)を所有しているという感覚がない」など、bitcoin(ビットコイン)はまだ登場したばかりの新しい通貨で仮想通貨自体に馴染みの薄い私達がそのように思うのは無理もない話です。

また、bitcoin(ビットコイン)には実際多くのメリットが存在すると同時に多くのデメリットもまた存在しています。
将来性の高さから多くの投資家から熱烈な支持を受けているbitcoin(ビットコイン)ですが、その価値を盲信して何も知らぬまま取引を始めることが良いことだとは私は思いません。

bitcoin(ビットコイン)の持つデメリットをしっかりと理解しないまま利用することもできるにはできますし、例えそうであっても一定の利益を上げることができるでしょう。
あまりお勧めはできませんけどね。始めるならどんなものでどんな特徴があるのか?メリットデメリットを当サイトでしっかりと学ぶ事は無駄な事では無いです。
それにしても、今bitcoin(ビットコイン)にはそれだけの勢いが実際にあります。ただ、注意したいのはその勢いも何かのきっかけで無くならないとも断言できないのもまた事実です。

bitcoin(ビットコイン)の特徴とそれが持つデメリットをしっかりと理解しておけば、万が一の有事にも落ち着いて対処することができるはずです。
仮想通貨故にもっているデメリット、bitcoin(ビットコイン)故にもっているデメリット、ここではその二種類両方について簡単に解説させていただきたいと思います。

bitcoin(ビットコイン)の持つデメリットを知ることが出来ればbitcoin(ビットコイン)を絡めた取引も安心して行うことが出来るはず。
何も知らずにbitcoin(ビットコイン)に投資するのではなく、その一歩先の投資を是非この記事に目を通すことで始めてみましょう。

2.bitcoin(ビットコイン)の信頼度がまだ他通貨と比較して低いことがデメリット

まずは仮想通貨であるが故のデメリットから挙げていくことにしましょう。

bitcoin(ビットコイン)を持つ上で真っ先に挙げられるデメリットはやはりその信頼度の低さでしょう。
今至るところで話題に上がり、熱烈な支持を受け15兆円以上の時価総額を持つようになったbitcoin(ビットコイン)ですら、円やドルといった通常通貨に比べると通貨としての信頼度は非常に低いです。

これは「bitcoin(ビットコイン)のシステムが信頼に足るものではない」とかそういったことではなく、仮想通貨そのものの認知度が大きく影響しています。
まだ仮想通貨に馴染みの無い私達にとってbitcoin(ビットコイン)というものは新しすぎるのです。実際に運用できるのかどうか、またその方法も分からない人が殆どなのです。

bitcoin(ビットコイン)には送金にかかる手数料が非常にやすかったり、決済速度が速かったりといったメリットがあるのですが、そもそもそのメリット以前にbitcoin(ビットコイン)そのものが何か分からない人の方が大多数です。

bitcoin(ビットコイン)のブロックチェーンなどといった基本的なシステムをしっかりと説明できる人の数はbitcoin(ビットコイン)を知っている人の中でも0.1%にも満たないでしょう。
この信頼度が低いというデメリットはbitcoin(ビットコイン)がどんな特徴をもった仮想通貨で、どれだけ便利なものであるかどうかが知れ渡れば自然と解消されるものだと私は思っています。

つまりは時間が解決してくれるということです。

この先bitcoin(ビットコイン)が取引できるお店は増え、取引自体の数もどんどん拡大していくことが予想されます。
円やドルだって最初から今ほどの信頼度があったわけではありません。bitcoin(ビットコイン)だって同じことです。
今は確かに信頼度が低く、円やドルほど自由に取引することができないというデメリットを抱えているかもしれませんが、それは徐々に徐々に大きな信頼度を持つ仮想通貨というメリットへと変わっていくことでしょう。

今はまだ信頼度が低いという問題点、デメリットを抱えている。と覚えておけばFXの場でも大きく損をすることはありません。

3.bitcoin(ビットコイン)は流動性が小さいことがデメリット

bitcoin(ビットコイン)は仮想通貨という枠組みで見れば十分流動性の大きな通貨なのですが、やはり円やドルと比較した時まだまだそれは小さいと言わざるを得ないでしょう。
流動性とは売買のしやすさを一言で表した単語で、これが大きければ大きいほど売り手と買い手が多くいることになります。

どうして流動性が小さいということがデメリットになるのでしょうか?デメリットとしてここでは紹介していますが、これは裏を返せばメリットとも捉えることができます。
流動性が小さいということはそれだけ価格が安定していると無理やり考えることも可能です。流動性の小ささをデメリットとしてここで紹介しているのはトレード対象として捉えているためです。

FX市場を頭に思い浮かべていただければ分かるかと思いますが、買いたいときに任意の数買えて、売りたい時に任意の数売れるというのは投資目的でその通貨を運用したいとき非常に大きなメリットになります。
というかそれが出来なければFXは成り立ちません。

現状bitcoin(ビットコイン)相場を利用してFXを行っている業者は数多く存在しますが、こうしたデメリットから思った通りの売買が出来ないことが多々あるようです。
流動性は市場参入者が増えれば増えるほど大きくなっていくため、注目度の高いbitcoin(ビットコイン)はこれからますます流動性が大きくなっていくことが予想されます。
bitcoin(ビットコイン)をトレード対象として扱うFX会社も増えているということでそのペースは悪くないそうです。

流動性が小さいというデメリットはbitcoin(ビットコイン)を投資目的で購入して口座を持ち、初心者になってみればすぐにでも実感できるかと思います。
売りたいときに売れず、買いたい時に買えないことがどれだけ大きな枷であるかすぐに実感することができるでしょう。

bitcoin(ビットコイン)は無限に儲かる可能性を秘めた仮想通貨ですが、まだまだそれは可能性にしか過ぎません。
市場参入者を増やし、流動性を高め、デメリットをメリットに変えてやる必要があるのです。

そうすることで流動性が小さいというデメリットと同時に、上で紹介した信頼度が低いというデメリットも解消されていくことでしょう。
結局は先ほどと同じく時間が解決してくれる問題だということです。まだ歴が浅いが故の問題点です。

4.法規制の余地がbitcoin(ビットコイン)にはあり、それがメリットでもあり、デメリットでもある

bitcoin(ビットコイン)故のデメリットを紹介しておきましょう。

それはこれからどんどん法規制される可能性があるということです。
今はまだどの国もほぼ全く介在していない通貨ですが、この先どうなるかは誰にもわかりません。

もしかしたら今最もbitcoin(ビットコイン)を保有していると言われる中国が公に手を加えてくるかもしれませんし、それによって何かしらの制限が発生してしまうかもしれません。
仮想通貨であるが故の良いところが失われ、価値が0になってしまう可能性だったあるのです。(あくまでも可能性ですが…)

また、bitcoin(ビットコイン)がこの先大きく認知され、取引が活発になれば日本も必ず何かしらの法規制をしくことに成るでしょう。
bitcoin(ビットコイン)の価値がこの先どうなっていくかはこの法規制にかかっているといっても過言ではありません。

これは大きなデメリットです。
FX目的に短期的にbitcoin(ビットコイン)を保有する場合であっても大きなデメリットであるといえます。

例えばFX業者や証券会社が倒産してしまった場合、預けておいた預入資産が円やドル等の信用度の高い通貨なら例え何百億預けていた場合であっても全額返ってきます。
FXにおいては国が法規制をすることで厳しい制限をかけると同時に、不測の事体への補償が約束されているのです。

ではこの補償はbitcoin(ビットコイン)におけるFXにも適用されるのかといえばその答えはNOになります。
法規制が厳格に定められていないため、失ったお金が手元に帰ってくることは二度とありません。

法規制されてないが故の自由な取引が保証されているのがbitcoin(ビットコイン)の特徴でありメリットなのですが、それゆえに抱えなければならないデメリットが存在することも覚えておきましょう。
FX会社の倒産などといった不測の事体に備えて、積立用の長期保有が目的のbitcoin(ビットコイン)は自らのウォレットに保存しておくことを強くお勧めします。

5.bitcoin(ビットコイン)は処理速度が他の仮想通貨に比べて遅いことがデメリット

bitcoin(ビットコイン)が一つのアクションを完了するのにかかる時間はおよそ10分前後になるよう調整されています。
10分という時間を聞いて速いと思った人がいれば、遅いと思った人もいるはずです。

では実際この10分間という時間は速いのか、遅いのか、どっちなのでしょうか。
その答えはどちらでもないが正解です。

10分という時間は現実通貨における取引にかかる時間と比較した場合非常に速いということができます。
銀行間で小切手のやり取りをする場合日を跨ぐことも珍しくありませんし、また、国際電話の料金が決済されるのには数時間という時間を要します。

国をまたいで送金したい場合であっても煩わしい手続きをした上で数時間待つことになるでしょう。
そういったアナログ的な取引と比較した時bitcoin(ビットコイン)の処理にかかる10分間という時間はやはり速いと断言することができるでしょう。

ですがこの10分間という時間はやはり他の仮想通貨と比較するとどうしても目劣りする処理速度なのです。
実際アルトコインの一種であるbitshares(ビットシェアーズ)ならば同じ処理を数秒で完了し、送金を完了させることができます。

bitcoin(ビットコイン)なら10分間かけなければ完了させることのできない送金作業を数秒で完了させることができるのです。
私達が普段使っているお金を比較したならば速いこの10分間という時間も、他の仮想通貨とこのように比較してしまうとどうしてもやはりデメリットとして感じられてしまうのです。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!