ビットコイン(BTC)を保釈金の支払いに使用可能:カリフォルニア連邦裁判所

ビットコイン(BTC)を保釈金の支払いに使用可能:カリフォルニア連邦裁判所

8月16日、連邦裁判所に出頭したMartin Marsich(マーティン・マルシッヒ)氏は75万ドル(約8300万円)の「ビットコインや他の仮想通貨」で支払うことを認められました。

セルビアとイタリア国籍の25歳の男性Martin Marsich氏は人気ビデオゲーム製作会社のエレクトロニック・アーツ(Electronic Arts)をハッキングしたとして8月8日に告発され逮捕されていました。
被告は、コンピューターネットワークをハッキングし、意図的に25000の顧客講座にアクセスしてビデオゲーム内で使用するアイテムを購入した容疑です。

Abraham Simmons(エイブラハム・シモンズ)弁護士は現金以外にも様々な方法で保釈金を支払うことが可能、裁判官が命じた方法で支払いを行うことが出来ると説明しており、場合によっては第三者が所有する不動産等も認められる可能性もあるとコメントしています。

連邦裁判所での仮想通貨の支払いは容認されるようになりましたが、上級裁判所などで認められたということではありません。
また、関係者によると、仮想通貨で刑務所から保釈された事例は一度も聞いたことがないと述べており、異例な結果だったことが分かります。

仮想通貨の使用を認めるかどうかは様々な意見があるとは思いますが、使用出来る地域や国は確実に増えてきています。今回の事例のように仮想通貨が認められていくと新しいお金として更に成長していくことが出来るような気がしますね。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です