仮想通貨とは?bitcoin(ビットコイン)とは?円やドルとは何が違うのか?

仮想通貨とは?ビットコインとは?円やドルとは何が違うのか?

「仮想通貨」という単語を耳にしたことがある人は多いはずです。

仮想通貨はその将来性の高さからbitcoin(ビットコイン)を筆頭に最も熱い投資先として、世界中の投資家から注目を浴びています。
それはbitcoin(ビットコイン)投資を副業に選ぶ主婦がいるほどです。

円やドルを抑えて投資先ランキングの上位に食い込んだ事実を踏まえてもいかにbitcoin(ビットコイン)が投資先として人気なのかが伺えるかと思います。
まずここではそんな仮想通貨について、仮想通貨とは何か初心者にも簡単にわかりやすく説明させていただきます。

仮想通貨とは

まず、多くの初心者が抱いている勘違いを覆すところから始めましょう。
多くの初心者は「仮想通貨とはbitcoin(ビットコイン)のことである」と考えているようですが、これは正しくは正解ではありません。

仮想通貨とは現物を持たない通貨を総称した言葉ですので、仮想通貨とはbitcoin(ビットコイン)のみを指す言葉ではないからです。
bitcoin(ビットコイン)だけではなく、私達が普段使っている円やドルと引き換えに受け取ることができる楽天コインやamazonポイント、またはオンラインゲーム内でのみ使える架空のお金なんかも仮想通貨なのです。
bitcoin(ビットコイン)を持っていない人であっても、私達は普段から仮想通貨を使って生活しています。

仮想通貨とは何なのか?

さて、仮想通貨について学び始めた初心者が抱きやすい勘違いの一つに「電子マネー=仮想通貨」を挙げることができます。
電子マネーは円やドルといったその地域で使われている通貨を電子マネーに一時的に変換することで通貨の現物がその場になくても決済を完了させることができる便利な仕組みです。

通貨事体が無くとも決済が出来るため、仮想通貨とは電子マネーもそうだと思われるかもしれませんがそれは違うのです。
bitcoin(ビットコイン)も電子マネーとして使うことは可能ですが、だからといって仮想通貨=電子マネーということにはなりません。

私たちは円やドルを電子マネーに変換することでクレジットカードなどで電子的に決済することができますが、その実使用している通貨は円やドルから変わってはいません。
電子的に決済をしていてもその実は実体を持つドルや円だからです。

電子マネーは電子的に決済するためにあるシステムです。
仮想通貨であるbitcoin(ビットコイン)を電子マネーと同じものと考えることはできないのです。

仮想通貨とは?なぜ通貨として成り立っているのか?

仮想通貨とは「実体を持たない通貨である」となんとなく理解していただくことができたかと思います。

それではそのような通貨が一体どのように成り立っているのか、ここではそんな仮想通貨のがなぜ信頼されているのかをbitcoin(ビットコイン)を例に簡単に説明させていただきます。

仮想通貨は信頼度に依存している

仮想通貨の仕組みについて説明する前に、そもそも私達が普段使っている通貨はなぜ通貨として成り立っているのでしょうか?
円やドル、ポンドなど世界中には多くの通貨が存在しますがそれらが通貨として成り立ち、世界中で取引されているのはなぜでしょうか?

それは一言に言ってそれらが通貨として信頼されているからです。
国がそれぞれ金融庁を持ち、中央銀行を通してコントロールすることで自国の通貨の価値を保証しています。
ドルや円、ウォン等それぞれの通貨の価値はそれぞれの国の信頼度に依存しているとっても良いでしょう。

bitcoin(ビットコイン)の価値は信頼によって上がる

それを踏まえた上でなぜ仮想通貨であるbitcoin(ビットコイン)は通貨として成り立つことができるのでしょうか?
円やドルと同じように金融庁のような組織があり、そこがコントロールすることで一定の価値が保証されているからでしょうか?

違います。
bitcoin(ビットコイン)には金融庁のような組織はありません。
そのような組織は実際に無く、ただただ「bitcoin(ビットコイン)に価値がある」と信じる人によって作られ、支えられ、使用されているのです。

仮想通貨とはbitcoin(ビットコイン)は世界中のパソコンを介するP2Pという通信方法を利用して保存され、決済されています。
仮想通貨であるbitcoin(ビットコイン)の仕組みを完全に理解するには幅広い分野における深い知識が必要ですが、完全に理解する必要は全くありません。

仮想通貨の価値を信じる人が仮想通貨のために仮想通貨の決済を自分の持つパソコンを使って支えている。
これこそが仮想通貨の仕組みだからです。

「bitcoin(ビットコイン)の価値を信じる人が多ければ多いだけ通貨として価値が上がる」仮想通貨を学び始めた初心者の人はこれだけ覚えておけばまず間違いないでしょう。

仮想通貨とはどんなメリットを持っているのか

仮想通貨の価値がこれほどまでに暴騰している理由はなんでしょうか?
その理由は多くありますが、やはりこの先メイン通貨になり得るという将来性からだと判断することができます。

仮想通貨とはドルや円といった通貨と比べた時、コントロールする機関を持たない非常に特殊な特徴を持った通貨ですが、だからこそ持っている大きなメリットがあるのです。
仮想通貨におけるいくつかのメリットをご紹介します。

手数料やマージンといった概念がない

まず、通常の通貨でやりとりする場合必ず発生する手数料やマージンといった概念が仮想通貨には一切ありません。
また、あったとしても非常に低額で済む場合が殆どです。

ロスなく通貨をやり取りすることができる

中央銀行のような仲介組織が一切無いため、個人間で直接的に、ロスなく通貨をやり取りすることができます。
このような特徴もあってか今金融商品としても大きな人気を博しており、その可能性は留まるところを知りません。

やり取りできる上限額に制限がない

通常の通貨は各国の金融庁によってコントロールされているため、やり取りできる上限額に制限がかけられていたり、国をまたいで通貨を使用することができなかったり(できても複雑な手続きが必要になることも)と不便なことが多いのですが、仮想通貨にはそれが全くありません。
やり取りしたい金額分手数料無しですぐに取引することのできる唯一の通貨といっても過言ではありません。

bitcoin(ビットコイン)は世界中で使用できる唯一の仮想通貨

bitcoin(ビットコイン)に関して言えば世界中で使用することのできる唯一の仮想通貨です。
アメリカ旅行に行く際に円をドルに変換することは誰もが行うことですが、bitcoin(ビットコイン)がこの先もっと広まった場合、その必要は全くもってなくなります。
bitcoin(ビットコイン)を持ち歩くだけで世界中でお買い物をすることができるようになるためです。

中央銀行、また金融庁は自国で発行している通貨の信用を支えるために必要不可欠ではありますが、その存在が故に通貨を不便なものにしているというのもまた事実です。
そういった中央銀行や金融庁といった組織を必要とすること無く通貨として成り立つことができている仮想通貨、bitcoin(ビットコイン)はある意味最も完成している通貨なのかもしれません。

4.仮想通貨とはどんなデメリットを持っているのか?

メリットにとは逆に、仮想通貨とはどんなデメリットを有するのでしょうか?
デメリットの無い完全無欠の通貨なのかと言えば決してそんなことはありません。

仮想通貨とはは危ないものであると断言し、購入を控えるよう推奨している人が多くいるのもまた事実です。
今一番人気の仮想通貨として有名なbitcoin(ビットコイン)もまた、デメリットとリスクを孕んでいるのです。

いくつかのデメリットをご紹介していきます。

一般的な通貨は国によって価値が保証されている

先程上で金融庁や中央銀行といった組織が介在しないことがメリットを生んでいると説明しましたが、これは同時にデメリットも生んでいます。
一般的には、組織の介在によって不便な側面が通貨に付与されるのと同時に、一定の価値が保証されているのもまた事実です。

そのため、どれだけ価値が暴落しても国が国をあげてその通貨を守ってくれるという事実から来る信頼がそこには存在しています。
いわば国によって価値が保証されているのです。

仮想通貨は価値の保証がないためリスクがある

では、かたや仮想通貨とはどうでしょうか?
信頼が揺らぎ、価値が暴落した時その価値を保証してくれる組織が存在するのでしょうか?
どこかの国が国をあげてその価値を保証してくれるものなのでしょうか?

いいえ、どこの組織も、国も仮想通貨の価値を保証してはくれません。
信頼が揺らぎ多くの人に見放された時、仮想通貨は1円の価値も持たなくなってしまうのです。

仮想通貨は使用できる場が限られている

また、bitcoin(ビットコイン)に限らず仮想通貨はある意味円やドルよりも使える場が限られています。
国をまたいで世界中のお店でお買い物が出来ると上では説明しましたが、それは可能性の話であって、今現状円やドル以上に至るところのお店で買い物ができるかと言えばそういう訳ではありません。

日本国内だけを見てもまだまだbitcoin(ビットコイン)で決済できるお店は多くありません。

この先仮想通貨とはの価値がますます保証され、持つ人が増えれば世界中のお店でお買い物をすることも可能になるかもしれませんが、まだまだ十数年以上先の話でしょう。

5.仮想通貨、bitcoin(ビットコイン)の起こりとは、始めるには

仮想通貨として今最も価値を持つbitcoin(ビットコイン)ですが、そのコトの起こりはいつ頃だったのでしょうか?

今通貨単位である1BTCあたり80万円とも90万円とも言われる価値を持つbitcoin(ビットコイン)ですが、最初は数円ほどの価値しかありませんでした。
通貨としての信頼性が殆ど無かったためです。

bitcoin(ビットコイン)の可能性は平成20年に提唱されていた

仮想通貨を代表するbitcoin(ビットコイン)の可能性は中本哲史と名乗る人間によって平成20年に提唱されました。
インターネットに公表されたその論文に可能性を感じた世界中の開発者によってオープンソースで開発、3ヶ月後には公開され最初の取引が行われています。
その時の取引、また開発に関わった会社や人物は恐ろしい額のbitcoin(ビットコイン)を所有しているとも言われています。

仮想通貨を始めるならビットフライヤー(bitflyer)がおすすめ!

さて、仮想通貨とは何か説明させていただきましたが、bitcoin(ビットコイン)を始めとした仮想通貨をどのようにして購入すればよいのでしょうか?

今最も仮想通貨を始めるのによく使われているのはビットフライヤー(bitflyer)です。
最初の手続きが非常に簡単で誰でも気軽にbitcoin(ビットコイン)を購入することができるようになっています。

勿論bitFlyer(ビットフライヤー)以外にも仮想通貨とはを購入する窓口は多くありますが、その殆どが英語サイトであり、英語を使用することができないと購入することができません。
余程英語に自身があるといった場合でない限り、bitFlyer(ビットフライヤー)の利用を強くお勧めしておきます。

ビットコインチェックのLINE登録をして最新情報を受け取ろう!

bitcoincheck_join_line_account

定期的にお得なキャンペーンも開催★
スマホバーコードリーダーをかざせば登録OKです!

【QRコード】


bitcoincheck_qr_code

スマホで閲覧されている方はこちらのURLから登録出来ます!


ID:@rre8023p

ビットコインチェックってどんなサイト?

ビットコインチェックは最新の仮想通貨に関する情報
仮想通貨に精通している芸能人有名人
そして色々とややこしい税金問題等
初心者でもわかりやすく理解して貰える情報サイトになります。

ビットコインチェックのLINEを友達に追加するだけで

  • 仮想通貨の基礎知識
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • 通貨のレビュー
  • 通貨の税金

などなどこれらの情報を全て無料でお届け致します!